「経済発展より自然」*筑紫哲也さんが講演*砂川地域大学


96.09.07北海道新聞道央版朝刊

 砂川地域大学は二十二日、TBS「ニュース23」キャスター・筑紫哲也さんを講師に迎え、今期第五回講座「多事争論」を開いた。ボランティア団体「砂川手話の会」のメンバーによる手話の同時通訳も行われ、約百五十人の「学生」たちは約二時間、じっくりと聴き入った。
 筑紫さんは、日本の経済的成功の理由を《1》勤勉《2》教育熱心《3》清潔で優秀な官僚機構−とした上で、過労死、いじめ、登校拒否、大蔵省の肥大、薬害エイズ問題など、今はすべてがマイナスに変わりつつある、と話した。
 さらに、時代が変わればそれまでの価値基準は崩れるとし、「この地域も人口増加や経済発展だけを求めるのではなく、自然など大都市にないものからの発想に転換していくべき」と訴えた。
 また、環境問題や原発問題、国の財政赤字問題などに触れ「つけを後の世代に回そうとしている」と指摘した。
 TBS問題では「テレビは体だけが急速に大きくなってしまった子供。悪いことをした後の最初の処理の仕方がまずかった」と話していた。

砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる