自我作古 人さまざまの「脱」 週刊金曜日 筑紫哲也


96.09.27週刊金曜日
  月曜から金曜まで、原則として東京に居ることが義務づけられている。だから酸素が足りなくて水面に口を開ける金魚鉢の金魚のように、週末は東京を脱出することにして何年にもなる。出かけた先で静かにしておれば、よい酸素補給になるのだが、そうはうまくいかずに、週日に疲れを持ち越すことも少なくない。しかし、東京にだけ居たのではどうしようもないといろんな意味で思う。この兼ね合いは、けっこうむずかしい。
 以下、そうやってこの列島をうろうろしながらの最近の見聞の断片を思い付くままに並べてみる。

▼「敵は霞ヶ関」。北海道で小さな町の市民大学のリーダーをしている書店主はそう言った。官官接待、薬害エイズ、大蔵省エリートの堕落といった官僚機構をめぐる不祥事のニュースがなくとも、箸の上げ下ろしまでいちいち指図するような、中央支配にうんざり、または怨瑳の声はこの国に充満している。大田沖縄県知事バッシングに狂奔した中央の論者たちは、大田氏の中央への「造反」に期待をかけ、心中拍手を送っていた者が保守層をふくめ、津々浦々にいることを見落としている。

▼日本人初の宇宙飛行士転じて福島県で農民となった秋山豊寛は「この国が曲がりなりにも民主主義の国だと思っていたのはとんだ思い違いだった」と反省している。彼の当面、直接の怒りの対象は、せっかくの作物を荒らすいのししだが、それと有効に戦う術がない。落とし穴を掘るのも、ワナを仕掛けるのも、ましてや空気銃や猟銃で脅すにも全てお上の許可と免許が必要だからだ。

▼開発、自然環境の悪化に伴い、山奥の動物たちが人里に下ってきて「害獣」として人間と衝突しているのは福島の山村だけではない。山林が生命の私の郷里(大分県日田)では、鹿が木の皮を食べて立ち枯れにしてしまうのが悩みのタネだ。烏の“都市化”は全国的だが、北海道ではきつね、熊が農業と対立している。さてそこで「害獣駆除」の手続きだが、烏は市町村段階での判断でやってよいこととなった。が、きつね、熊は市町村が被害状況を具体的に報告し、道庁に申請して許可を取らなくてはならない。早くても一週間かかるこの手続きの間に、きつねも熊も悠々と別の場所に“逃走”している。

▼「天下り」は何も中央官庁だけの得意芸ではない。道庁の役人を市町村の首長候補に「天下り」させる例が近年目立っている。北海道では「中央との太いパイプ」というキャッチフレーズの「中央」とは東京ではなく札幌のことだ。たいていはこの「天下り」は成功(当選)するのだが、「江差追分」で有名な江差町では、市民大学の事務局長をしていた地味な人物に敗れた。この陣営では、同様に無名の候補を立てて手作り選挙で勝った大分県湯布院(その話は以前、この欄で書いたことがある)にノウハウを問い合わせたという。なお、開票当夜、マスコミは全て相手の「天下り」候補の事務所に詰めかけ「勝利の瞬間」を待っていたそうな。

▼「黒部に怪我人なし」ということばがあるという。険しい山々で、足踏み外せば死ぬしかないという意味だが、そうはさせじと富山県警には山岳警備隊というのがある。高度な技術を持つ山男の集団だが、山好きがさらに昂じて隊員から黒部の山小屋の主になった人に会った。たくましさと爽やかさを併せ持った人だったが、同様の印象を持ったのはその一週間後に北海道で出会った若いりんご園主だった。その夫人はこの主と「農」の魅力に惹かれて女医の身分を捨てて嫁いだという。自分が本当に何をやりたいか、どう活きたいか思い定めての「脱の人」が近ごろ少なくない。

▼数は多いとはいえぬが、「元気な農民」がこの国にはいる。りんご園の近くには美味しい自家製のアイスクリームを作る牧場主のカップルがいた。市販の許可を得るまで。二年かかったという。例によって。
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる