砂川で元PL学園選手・清水さん講演*障害なんの前向き人生*砂北との甲子園対戦が縁*聴衆の心打つ語り


96.07.12北海道新聞道央版朝刊

試合中に骨折して体が不自由になったPL学園野球部の元選手、清水哲さん(30)が十日、かつて砂川北高と甲子園対決をした縁で「砂川地域大学」で講演をした。

会場には、砂北高の現役選手やOB、市民など約百二十人が訪れ、清水さんの静かな語りかけに耳を傾けた。

 清水さんが甲子園で砂川北高と対戦したのは、一九八四年春の大会一回戦。一年したの桑田真澄(現巨人)、清原和博(同西武)選手らとともに、三塁手として出場した。

 清水さんは卒業後、進学した同志社大学一年の時、試合中のヘッドスライディングで首を骨折。首から下の体がまひ、寝たきりの生活となった。

 甲子園での対戦以来、中村順司・PL学園監督との交流が続いていた佐藤茂富・砂北高前監督が、三度目の甲子園出場の時、清水さんを病院に見舞い、その前向きな生き方に感銘を受けた。

 半年後、砂北野球部OBが中心になって清水さんの支援組織「哲和会」北海道支部を組織。今回、清水さんが希望していた本道の講演旅行が実現した。

 この日の講演会で清水さんは、自分の子供の頃からの野球人生を振り返り、体が不自由になり、ボランティアの力を借りながら一人暮らしを始めるまでをゆっくりと語った。

 「私に野球があったように、みなさんも夢中になれる物を一つ見つけて下さい」と訴え、それが人生で困った時に必ず役に立つはず、と話しかけた。

 講演を聞いた一人は「清水さんを応援するつもりでこの講演会を企画したが、実はエールを送られているのはこちら側だと気がついた」と感慨深げ。また砂北野球部三年の中条結樹君は「勉強になりました。自分も野球に夢中なので、今日の話を生かしていきたい」と話していた。

 
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる