〈日曜訪問〉岩田徹砂川地域大学運営委員長*意識変革*学ぶ心大切にしたい


96.05.12北海道新聞道央版朝刊

 全国から講師を招いて学習を続けている市民組織の砂川地域大学が、今年もニュースキャスター・筑紫哲也氏などの魅力的な講師陣をそろえて、ますます意気盛んだ。「地方だからこそ、できることがあるはず」と、こだわり続ける運営委員長に「大学」へかける思いを聞いた。

(滝川支局・山下幸紀)

●江差の授業見て感動
  −−「大学」を始めたきっかけは。

地域大学のさきがけになった江差地域大学のうわさを聞き八年前、商店街の仲間十人ほどに声をかけて見学に行ったんです。砂川より小さな江差で、七百人もの町民が「自分たちのやりたいことを実現させよう」と、意識を持って集まっていた。講演の日、普段は静かな町に、会場へ向かうものすごい人の列を見て感動しました。それで「ぜひ、僕たちもー」、と考えたわけです。

  −−今の砂川地域大学の雰囲気はどうですか。

 学生の「学びたい」という意欲がものすごく強い。講師の方もそれを感じてか、講演時間を延長してくださることが多いんです。「自分も参加してみたい」という自主的な気持ちを大切にしていますから、あまり熱心な勧誘はしていない。だから学生数は開学したころの五分の一にまで減りましたが、僕としては、より理想的な形に近づいているな、と思っています。

  −−講師はどのように選んでいますか。

 ただ有名人だから、というのではなく、自分たちがぜひ聴きたい、と思う人を選んでいます。しかし、資金がないものですから、頼りは熱意だけ。いきなり手紙を出したり、ひざ詰め談判をして、なぜ来て欲しいかを伝える。お金がないことも正直に話します。すると、本当にわずかな講演料で来てくださる方がいるんです。ありがたい話です。

●高校生の参加歓迎
  −−今年から高校生の募集を始めましたね。

 今の高校生は未来に対する展望が持てなくて、自信をなくしているんじゃないか、と思ったんです。若い人には「やろうと思えば何でも出来る」と考えて欲しい。また、そう思って活動している大人たちの姿を見て欲しいんです。僕自身、高校時代に受けた影響が、いまだに強烈に残っていますから。

  −−今後の抱負を。

 まちおこしは大きなプロジェクトを進めることだけじゃなくて、一人ひとりの意識を変えていくところから始めなければ駄目だと思うんです。砂川くらいの規模のまちだからこそ、こんな「大学」が続いている。大都市にはない良さが、地方には必ずあるはず。もちろん、この考えをほかの学生たちに押しつけるつもりはないけれど、僕はそう思って「大学」を続けていきたい。

 〈略歴〉
   いわた・とおる 美唄市生まれ。書店経営主。自ら「お勧め本」を紹介したり、注文された本をお客と一緒になって楽しんで探す。最近はパソコンに夢中。家族は妻、娘と二人の息子。
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる