〈地域から〉砂川*頼もしい「自ら学ぶ」姿


96.01.11北海道新聞全道版朝刊

 全国から講師を招いて学習する市民組織「砂川地域大学」が、八年目の正月を迎えた。
9月には、ニュースキャスター・筑紫哲也さんの講演がすでに決まり、会員はわずか百二十人と“小粒”ながら、意欲的な活動を続けている。

 運営委員長の岩田徹さん(43)は書店の経営者。商店街の仲間と、地域大学の草分けである檜山管内江差町で講演を聴き、砂川市にも組織しようと決意した。

 記念すべき最初の講師は糸川英夫博士。その後、講師を務めてくれたのは、作家・立松和平、劇作家・つかこうへい、体操の遠藤幸雄、評論家・吉武輝子、前逗子市長の富野暉一郎、ジャーナリスト・黒田清の各氏など、魅力あるそうそうたる顔ぶれが並んでいる。

ところで、大学の財政はご多分にもれずいつも厳しい。収入は一人一年間一万円の会費だけ。「自分のお金で勉強する」のが原則で、どこからの援助も受けていない。今年からは、高校生会員を年会費千円で募集する。

 講師には、直接手紙を書いて依頼するケースがほとんど。最初から窮状を白状してお願いするが、熱意が通じてか、「申し訳ないくらい少ない謝礼で応じていただいています」という。年内に筑紫さんを含めて五、六人の話を聞く計画。

 毎回、講演後の懇親会がまた楽しい。忙しい筑紫さんの講演は、そんな席でのお願いにこたえてくれた、黒田さんの口添えで実現した。多くの友情に支えられながら、勉強会は続く。

(滝川支局・後藤正興) 
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる