神戸復興に鋭い視点*黒田清さんが講演


95.10.04北海道新聞道央版朝刊

 ジャーナリスト黒田清さんを講師に招いた砂川地域大学の講演会がこのほど、福祉センターで開かれ、市民約五十人が実際の取材に基づいた訴えに耳を傾けた。

 黒田さんは「阪神大震災と私たちの生き方」をテーマに、毎週神戸まで出かけ取材した体験から「恒常的に兆円単位でプールしておく基金が必要だ」と述べた。まちの復興については「神戸でも行政はもっと安全なまちにするため区画整理しようとしているが、住民感情からそれは間違い」と訴えた。

 自衛隊の出動については「隊員たちは現場でとてもよくやっていたが、自衛隊は戦争するための組織。これを機会に災害救助のための隊をつくるべきだ」と提案した。

 話はオウム問題や沖縄の米兵による少女暴行事件、外国人問題などにも及び、黒田さんは「これからは序列社会ではなく、互いの違いを認めながら手をつなぐ丸社会にしなければいけない」と締めくくった。 

砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる