奇縁−−講師に黒田清さん*市内で発見の中国人虐殺写真*処分の相談受け 新聞記事で紹介


95.09.23北海道新聞道央版朝刊

*29日 演題は「阪神大震災」
 聞きたい講師の話を自分たちのお金で−と地道な活動を続けている市民組織・砂川地域大学が、「恐ろしい」一組の写真が縁でジャーナリストの黒田清さんを講師に迎えることになった。講演は二十九日午後七時から、市福祉センターで開かれるが、「将来を担う若者にも聞いて欲しい」と、高校生の受講料を無料にする。

 黒田さんとの「縁」ができたのは昨年のこと。市内の女性が自宅を新築する際に納戸から一組の写真を発見した。裸で手足をしばられ死んでいる男性、電信柱にぶら下げられた人間の首、襠の広場で後ろ手に縛られた男が首を切られた瞬間、貨車らしい上に人間の首が三十ほどころがっている恐ろしい光景。戦時中の中国で、日本による中国人の虐殺写真だった。

 この女性は知人の岩田さんに写真の処分の仕方について相談。岩田さんはジャーナリストとして尊敬していた黒田さんに送ることを勧めた。黒田さんは連載していたスポーツ紙の一コーナーにこの写真について紹介し、「恐ろしい写真ですが、焼いてしまってはいけない写真と思います。なぜなら、私たち日本人は、過去にこうしたことをしたという事実を忘れてはならないからです」と記した。

 岩田さんら地域大学のメンバーは「何とか黒田さんを砂川に呼び、話を聞きたい」という思いが募り、今年六月に黒田さんの事務所に連絡。この写真のことや地域大学の苦しい実情などを話したところ、講師を快く引き受けてくれた。

 黒田さんは一九三一年大阪市生まれ。読売新聞大阪社会部で社会部記者一筋につとめ、八七年に退社。現在は黒田ジャーナル代表。「窓友会」を主宰して月一回「窓友新聞」を発行しているほか、テレビなどにも出演し、幅広いジャーナリスト活動を続けている。

 講演会の演題は「阪神大震災と私たちの生き方」   
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる