自主勉強会が活動再開*初回は富野前逗子市長


94.10.22北海道新聞道央版朝刊

 活動を休止していた「砂川地域大学」が、一年半ぶりに来月二日から再開する。一回だけでも気軽に参加できるように受講方式を変更。再開第一回は池子米軍住宅建設に反対した、前神奈川県逗子市長・富野暉一郎さんを講師に迎える。事務局では「市民運動のありかたなどを探りたい」と話している。

 砂川地域大学は、砂川市内の若手グループが観光で檜山管内江差町を訪れたおり、町民が自治体や企業の援助を受けずに講演会を開いているのを知り、「自分たちのまちでも」と八八年十月に開講した。

 「自分たちが話を聞きたい人を、自分たちの力で呼ぶ」がモットーで、つかこうへい、立松和平、小川宏さんらを“熱意”で招へい。会費一万円で年間六回程度の講座を開いてきた。

 しかし、自治体や企業が主催する講演会などが増えたこともあり、第一期に五百人以上いた会員は第五期には約半分に減少。新しい運営法を確立するため、一時活動を休止していた。

 今年六月、「早く再開してほしい」という受講生たちの声が上がり、事務局は来月から年間五回ほどの講座再開を決めた。

 新しい“学生証”は、五枚の受講券がついて一万円。これまでと異なり、一人で五回受講することも、何人かで分けて受講することもできる。また、受講券二枚で五千円の「選択券」を設けるなど、毎回の参加が無理な人にも利用しやすいように工夫した。

 富野暉一郎さんの講演会は来月二日、砂川パークホテルで開く。八四年から九二年まで逗子市長を務め、今年春から島根大学教授として活躍するなど忙しい毎日だが、砂川地域大学の趣旨に賛同し、手弁当で来てくれると言う。

 今後の講師として「インサイダー」編集長の高野孟さんや、ジャーナリスト黒田清さんなどにも、交渉している。 
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる