97/12/08

市民の提言をお寄せ下さいというのでつい…


 北海道新聞空知版11月26日 記者の目 (滝川・山下記者)

さらに進めるべき情報公開

 「十八億円もかけるオアシスパークの造成は、将来のまちづくり全体にかかわる重大な計画。だから市民として内容を把握しておきたかった」−。取材に対して、砂川商工会議所青年部の一人は語った。
   同青年部は、砂川市が見直しを始めたオアシスパーク整備計画(一九九七〜二00六)についての勉強会を、十月中ごろから開始。今月初めには公文書公開条例に基づき、市議会の同パーク関連議事録を請求(条例制定後の初申請)。地域紙に計画を解説し、市民の意見を求める広告を出した。
   「これまで、どうしてこんな無駄なものを造ってしまったのか、と出来上がってから思う公共事業がいくつかあった。でもそれは造ることを認めた市民の責任でもある」。
   自分たちのまちづくりに悔いのないようにかかわりたい、という思いが込められていた。
   市はこのほど、同計画の見直しに市民の声を反映させるため、広報誌を通じて計画への提言を求めることを決めた。市は「決定と青年部の動きとは関係ない」というが、まちの空気が開かれた市政を求めていることだけは間違いない。
    それだけに「意見を聞いただけ」のパフォーマンスには終わらせて欲しくない。募集提言の選考過程や計画の変更理由など、より一層の具体的な情報公開が求められる。市民の期待は大きい。

「広報すながわ」の12月5日号に、提言提出用紙が折り込まれてきました。久しぶりに一生懸命書きました。
 
砂川市役所 建設部 都市整備課さま

▲オアシスパーク整備計画のこれからの環境について心配なことがあります。水質が悪化して霞ヶ浦のようにアオコが発生しヘドロとメタンガスの湖になってしまうのではないかということです。 それと一方、周辺地区の植生とゴミの不法投棄にたいする懸念です。
河川の水質を浄化することは、ゴミの問題をどう解決するかと言うことと並んで、これからの日本の重要課題です。この点をアピールポイントにして水質浄化施設を国か大学の実験施設として建設してはどうかという提案をしてみてはどうかと考えます。活性炭の活用、沈殿漕、葦などの植生の活用など各種の実験をしてもらえれば面白いことになると思います。

▲オアシスに流入する水量を多くして泥の滞留を回避する方法もあります。石狩川本流から風車を利用して揚水し、排水門から本流に戻すと言うことです。この方法の利点は水利権に関わりなく水質保全を図れるということと、風車を利用して粉を挽かせ、「麺類」の名産を作れると言うところにあります。灌漑溝にある水車との関連を考えてみるのも面白いと思います。

▲周辺地域の植生管理とゴミの不法投棄についての方が市民の理解と協力を必要とする難しい問題かも知れません。公園全体で180f、水面積100fをのぞいた残り80fの広さは行政(税金)だけに負わせてしまえば多額の費用がかかります。そのまま自然のままにしておくほうが望ましいゾーン、牧草を植えて収穫を期待できるゾーン、市民ボランティアによる「草刈り十字軍」に頼るゾーン、どうしてもプロの業者にお願いせざるを得ないゾーンと区分して管理すべきでしょう。

▲自然環境のほかにも心配なことが有ります。それは行政と市民の間の気持ちの乖離です。砂川市と市民の将来に関わる計画づくりの根本的な問題です。砂川のこれまでの街づくり計画は行政内部で作成されるか、たとえ計画策定委員会などが設置されても、ほとんどが専門委員会を称する少人数の「専門家」と行政とによって案が作成されるのが普通でした。計画策定委員会は事実上、専門委員会によって作成された計画案にお墨付きを与える承認のための委員会として機能するにすぎませんでした。

▲しかも、このようないわば密室にも近い委員会で策定された計画が、十分に市民等に対して公開されるかといえば、それもまた疑問であったといわざるをえません。広報紙などによって一般に報道されるのは、ごく抽象的な内容であって、とても具体的なまちづくり計画のレベルとはいえません。他方、膨大な調査データを掲載した報告書は、よほどの関心をもつ人以外にはとても読み通すことは困難です。また、概要版が作成されるときでも、その配布先はきわめてかぎられています。さらに、報告会が開催されることもないではありませんが、限られた時間内で一方的に報告が行われるだけです。

▲いってみれば、住民や商業者の多くは、街づくり計画の策定過程からだけではなく、その結果の事後的な報告からも疎外されてきたといっても過言ではありません。そうなれば、住民たちは「計画はお上(行政)がつくるもの」という意識を強烈にもち、漏れ聞こえてくる個々の具体的な事業内容に対して、個別的に反応する以外に方法がなくなります。そしてそれは、間違いなく住民たちを地域の問題あるいは地域社会そのものに対する関心から遠ざけてしまいます。地域は人びとにとっては、第三者によって準備された便益を有償または無償で利用するための場にすぎないものとなり、自らもそうした便益の提供の一瑞を担うといった意識は完全に捨て去られてしまいます。こうなれば、彼らがもっぱら部分解を求めるのはむしろ当然のことだといえます。そして、そうなれば、既成事実を積み上げたり、利益誘導を行ったり、あるいは強圧を加えることによってあきらめを誘う以外には、住民たちの全体的な合意をえることはほとんど不可能になるでしょう。

▲しかし、このような計画策定の手法がほとんど限界に達していることは多くの人びとが気づいているはずです。情報公開、住民参加の流れが定着しつつありますが、それもこれまでのような進め方に多くの疑問が寄せられるからに外なりません。これらの新しい流れは、間違いなく計画策定やその後の意思決定の過程そのものに人びとの関心を引きつけます。いま必要なことは、これらを密室の中に幽閉することではなくて、むしろそれを積極的に公開することです。もちろん、過程を公開すればすべての人びとが積極的な関心をもつというのでもなければ、説明と議論を積み重ねさえすれば自ずから合意が形成されるというのでもないでしょう。おそらくは、それでも多くの人は振り向かず、また多くの人はかたくななまでに自己の意見の正統性を主張するでしょう。

▲それでも、個別的な事業計画を打診されるのではなく、まちづくりの全体的な計画づくりを投げかけられれば、住民たちは事業の全体的なバランスや両立性、優先順位などについて議論しなければならなくなります。このことは、総合的な視点と判断力をもった住民の存在ははじめから期待できるわけではなく、逆に情報を提供し、ともに考え、相互に議論しあう過程を通してはじめて、住民たちは総合的視点を手に入れるのだということを教えています。

▲以上の点から、オアシスパーク計画については、情報を全て市民各位に公開し行政自身が積極的に議論を巻き起こす覚悟で臨めば、砂川市に新たな活気を呼び起こすことが出来ると考えます。 つまり、過去10年あまりの「砂川オアシスパーク協会」の決算を市民の前に明らかにする事から始めなくてはならないと言うことです。当初の目論見はどうあれ、広報すながわの言葉を借りれば“砂利資源収益での事業は終了し砂川市が引き継ぐ” 事になったのですから、正であれ負であれどんな遺産を引き継ぐことになったのか市民の前に明らかにすることは「協会」を構成していた人たちと、引継を提案した理事者、そしてそれを了承した議会議員の方々の当然の責務です。

▲砂利資源からの収益が期待できなくなったのであれば、「何を作り、どう利用するか」についての市民からの意見の内容は、これまでのような言ってみれば無責任な夢物語を語る段階ではなくなるに違いありません。資金・予算の調達の段階から全て含んだ大人の意見になるに違いないと思われます。 たぶん、もうこれ以上お金のかかることは止めようとか、モニュメントとかベンチとか構築物を作るにしても市民の手作りの物で良いじゃないかとかいう意見が出てくるでしょう。自然を破壊して作ったんだから周りにサトウカエデを植林して、成長したらメープルシロップをとって名産にしたらどうかという意見も出るに違いありません。

▲少し長くなってしまったので要点を整理します。過去の事業内容と決算を公開し、予算と資金の調達方法、その経過と財務状況について説明する。その上で市民の提案を仰ぐという設問の仕方でなくてはいけないということです。今回のことを良き「チャンス」ととらえ直し、新たな住民参加の道を切り開く事が出来る事を期待してここに提言します。

砂川市西1条南4丁目 岩田 徹

 
という提言を明日郵送します。さてどんな反応がありますか楽しみなところです。
応援メッセージ歓迎します。下記までお気軽にメールを下さい。
PXY07224@niftyserve.or.jp


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.