地域大学のあり方探る 生涯学習 道内7校集いシンポ


97.7.10北海道新聞留萌版朝刊

 【遠別】地域大学が集まり運営課題などを話し合う「手作りネットワーク人・地域・進歩自由夢(シンポジュウム)」がこのほど、マナピイ21(町生涯学習センター)で開かれた。
 地域大学は講演会などを開催して地元に幅広い学習の場を提供する住民グループ。
 道内十五大学が連携して「いきいき学習ネットワーク」をつくり、毎年一回、情報交換などを目的にシンポジュウムを開いている。
 遠別では初の開催で、結成九年目を迎えた遠別町民大学をはじめ、びえい町民大学、旭川青年大学、砂川地域大学、もり地域大学、江差地域大学、ビーンズアカデミー(倶知安町)の七大学四十五人が参加した。
 はじめに、地域大学などへ講師をあっせんしている大阪市の企業「システムブレーン」の営業部長、田尻悦子さんが「講師選定のアドバイス、講師紹介のうら話」と題して講演。
 講師の人気順位のほか、講演料はテレビ出演料を基に決まることなどを説明した。
 続いて四つの分科会で、地域大学の現状と今後の運営を共通テーマに討議。
 いずれも、会員数の伸び悩みに伴う運営の難しさが指摘されたが、「かえって本当に学びたい人たちが集まっている長所もある」「講師の知名度にこだわらず、自分たちが決めた年間テーマに沿った人選が大切では」など前向きに受け止める意見も出ていた。
 また、ネットワーク加盟の地域大学間で各講演を自由に聴講できる仕組みを整え、さらに連携を強化していくことでも一致した。


砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる