98/02/19

12月8日の後日談 やはり肩すかし…


 市民の声をお寄せ下さいというので、つい調子に乗って気合いを入れて書いてしまいました。市役所の広報紙にその内容が紹介されるというのて゛楽しみしていました。市民からのアンケートの結果、ベンチがほしい3票・研究所1票という具合です。やはり肩すかし。一応市民の意見も聞きました、というアリバイ工作に使われてしまいました。行政は自分の聞きたい意見しか耳に入れないようです。以下は新聞から…
北海道新聞空知版2月19日 

砂川オアシスパーク整備計画 
総事業費は10億8700万円

  【砂川】オアシスパーク整備計画の見直しを進めている市は、十六〜十八日にそれぞれ開かれた市議会の三常任委員会に、三月の定例市議会に提出する予定の同計画諮問案の原案を示した。総事業費は十億八千七百二十万円で、計画年度を千九九七〜二00四年までとして、当初計画より二年間縮めた。
市が原案
当初計画から4割減
彫刻5体は設置、艇庫も

 総事業費は当初計画の十八億五十万円に比べ、四割の減額。
 休憩広場、駐車場(二百台収容)、多目的広場、花の道などの「ふれあい広場」に六億七千五百三十万円、展望広場、子ども向けジャブジャブ池などの「体験広場」に一億七千四百五十万円、水面広場に六千二百万円などを投じる。
 また、同計画素案にはなかった彫刻を五体(三千五百万)設置し、カヌーやボートなどを入れる艇庫(約二億円)も造ることにした。
 市は一月末の同常任委員会に、総事業費を当初計画の半分以下の八億四千五百二十万円とし、当初計画された彫刻六十六体、コテージ五棟、風車展望台三棟、ウォーターコロシアムステージなどを取りやめる同計画素案を報告していた。その後、市の同計画検討委は、各常任委員の意見も取り入れながら、さらに見直しを進めていた。
 彫刻五体を再び計画にのせたことについて、同市の小山内澄助役は「文化の薫り漂う公園にするために、六十六体の彫刻設置は反対という市民意見とも調整しながら決めた」と話している。
目玉事業の大半取りやめ 市の基本姿勢 不明確
 三月の定例市議会に諮問する予定の砂川市オアシスパーク整備計画の原案が市議会常任委員会に示され、市の見直し計画の骨格が明らかになった。原案はほとんどの目玉事業を取りやめ、総事業費を当初計画の四割減とする大幅変更となるが、どのような公園造成を目指してこれだけの見直しをするのか、市の基本姿勢が見えにくいとの指摘もある。変遷し続ける計画は市民にもわかりにくく、今後の議会での活発な議論と市の情報公開が求められている。
深層・焦点
(滝川支局 山下 幸紀)  市は昨年三月議会で、事業主体だったオアシスパーク協会の財源難などを受けて、同パーク造成事業の一時凍結を表明。九月議会では、時代の変化や同協会の解散で事業が市の単独となったことなどを理由に計画見直しを決め、中川徳男市長は「十二月議会に新計画を諮問する」と述べた。
 しかし十二月議会前に、急きょ「市民の意見を見直しに反映する」として諮問を三月議会に延長。計画は迷走を続けてきた。
 市は今回の各目玉事業取りやめの理由について、風車展望台三棟は「調査の結果、公園では風力が足りなく、風車が回らないことが分かった」。コテージ五棟は「洪水調整のため、緊急時には遊水地の堤防内に水を入れなければならなく、移動式の建設物でなくては造れないことが分かった」などとしている。
 しかし、それでは昨年三、六、九月の定例市議会にそれぞれ提出されていた当初計画は、そもそも無理な計画だったことになる。ある議員は「見直し案の是非はともかく、目玉にしていた事業を簡単に捨ててしまうようでは当初市の目指していた公園は何だったのか分からなくなる」と首をかしげる。
 見直しのため市民から集まった意見・提言は四百七十八件に上ったが、主な意見と集約件数を広報で発表しただけで、それがどのように計画見直しに反映されたのかも見えてこない。巨大事業の計画を慎重に組み立てようと言う市の姿勢は評価できるが、その中身が市民に伝わらなければ意味がない。

砂川市西1条南4丁目 岩田 徹
 


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.