99/6/13

洞爺村塾での講演要旨


■皆さんこんにちは。今日はお招きいただき有り難うございます。自前で学習の場を持ち、自分の頭で考えて、自らの課題を解決しようとする取り組みとしてこの「洞爺村塾」は出来たのだと思います。僕らも砂川の地で、同じ様な自主講座をやっています。「砂川地域大学」と言います。色んな苦労はありますが、こうして同じ様な志の仲間が増えてくると言うのは嬉しい限りです。

■ブラジルと自民党が惨敗し内閣が替わりました。「閉塞感」という言葉が流行語だそうです。確かに時代の気分がそうなっています。子どもたちの言葉を借りると、なんだかダルくて、ムカついて、キレそうになっています。

■子供たちの心の叫びは教師には届きません。彼らは仲間外れにならないように精一杯「普通の子」を演じていて、一人っきりになったとき深いため息をついています。先生方の熱意はどうしても空回りして子どもたちの胸に響きません。そんな現場の姿は文部省には全く見えていません。子どもたちばかりか先生までが登校拒否に陥っているときに校長と組合が主導権争いをしています。

■商人の提供する商品・サービスと消費者の欲する物が微妙にズレてきています。生産者・農民は安い輸入品と、それを持ち込む商社を前にして途方に暮れています。

■老人や病人は、その痛みを医者や看護婦に上手く伝えることが出来ません。医療従事者も採算の壁の前に、まず質より量の努力の積み重ねに疲れ切っています。厚生省にはそれが見えません。薬害を防ぐためには、厚生省は新薬の許認可に関わるなという答申が出る始末です。

■住民の声は行政当局の耳には自身に都合のいいことしか届かず、多くの公務員の善意は住民の目には見えません。住民の側から見ると、役所自体が住民を幸せにしないシステムになってしまったかのようです。

■今年の4月末に砂川で事故がありました。砂川オアシスパークという大きな講演の駐車場で遊んでいた中学生二人が、強風にあおられて飛んできたブイにぶつかり大けがをしました。この事故のすぐ後で北海道開発局と砂川市は責任のなすりあいをしました。普段は安全のためにトウキビ一本売ることも許可しないお役所が、いざ事故が起きたら責任をとろうとしないのです。

■子どもたちの目の前でみったくないまねをしてしまった大人たち。責任者は誰かということを考えてみようと思います。書類上ではなく実質の責任者です。日本は三権分立です。司法・行政・立法と同等の力関係にあると習いました。しかし予算を執行するという意味で行政の役割は重大です。

■砂川市役所にしろ北海道開発局にしろ、行政のヒエラルキーの中では頂点ではありません。行政の頂点は政府でありその頂点に内閣があります。そのトップが内閣総理大臣なのですが、どうもその責任を感じてはいないのではと思われてなりません。この間、その最終責任者、総理大臣イコール自民党総裁の交代劇がありました。

■この時テレビを見ていて違和感を感じました。それは、日本中がおかしくなり、みんながそれぞれの場所で一生懸命もがき苦しんでいるときに、その責任をとらされて止めるはずの旧総裁が新総裁とその対抗馬二人のリーダーたちと笑顔で握手しているんです。何を考えて笑えるのかなと思いました。もしかしたら自分たちには責任がないと思って居るではないかと感じました。

■国民の税金を執行するのが行政であり、行政権は内閣にあります。各省庁から上がってきた事項が事務次官会議というところで全員一致で合意を見たあと閣議にかけられ「閣議決定」され執行されます。管さんの「大臣」という本を読むと、閣議というのは、まるでサイン会のようだというのです。大量の書類に大勢の大臣たちが次々と氏名と花押を書いていくのだそうです。そこには何の議論もありません。

■優秀な官僚が集まって決めたことだし間違いはないのだから、ただサインすればよいのだそうです。官僚のトップに立つ各省庁を代表する事務次官が集まって全員一致で決めたことだから議論の余地はないということです。頭のいい官僚の言うことを聞いていれば問題ない。言うことを聞かずにマスコミに騙されて自民党に投票しなかった国民が悪いんだと言わんばかりの態度はここから出てくる物だと思います。

■こんな具合に最終決定がなされて、全ての行政機関は決定された予算を執行するのが仕事の全てになります。全ての仕事が決まっていて前例通り教科書通りにこなさなくてはならないのがお役所仕事です。教科書通りにやっていて何か事故があってその責任を問われるなどという理不尽なことはあってはならないのです。自分は上から言われたことを正直にこなしてきただけなのですから。

■上は総理大臣から下は開発局、市役所のお役人まで、自分たちに責任があるとは思っていないのです。先程の事故で言いますと、悪いのは公園で遊んでいた子どもたちか、季節はずれの強風が悪いのであります。霞ヶ関を頂点とする行政はいざとなると役に立たないし、責任もとらないと思わなくてはなりません。この人たちに過剰な期待を持ってはいけません。これから何度かの選挙で大きな変化がなければ変わらないと思いますし、私達に出来ることは投票に行くことだけです。

■いままで考えてきたように、完全な無責任体制に陥ってしまった日本の官僚制度も世界が目を見張るような成果を上げていたときもありました。日本人が一丸となってある目標に向かってがんばっていたときは有効なシステムだったのです。つまり、この数年ではっきり見えてきたこと。それは私達より一世代前、父母の時代にはたぶんうまく機能していた日本の仕組みが、そのすべての場面においておかしくなっていると言うことです。病気で言えば多臓器不全とも言うべき状態です。

■これまでのやり方、前例にならっていてはどうしてもうまくいかない。専門家やその道のプロという人たちの言うとおりやってもうまくいかないと言うことがはっきりしてきました。自分たちの運命や地域の将来は自分たちで考えて決めて行かなくてはならないと言うことです。

■考えてみれば、父母の時代ではなく、それより一世代か二世代前、爺さんたちや曾祖父さんたちの時代、国家という物の管理が強くなかった開拓の時代にはみんなそれをやってきました。

■砂川には「郷土研究」という先人の足跡を記した貴重な資料があります。その中で爺さんや曾祖父さんの世代は何でも寄り合いで決めていました。学校を造るのも、病院を建てるのも、石狩川の氾濫で苦労したときも、車座になって話し合っていろんな事をのりきっていきました。そんな時代にこそ倣わなくては行けないと思います。

■まだしばらくは霞ヶ関の人々には地方の実体は見えないでしょう。あの人たちが何を考えようと、最終的な責任は私達にあります。私達の地域の未来や自分たちの運命は自分たちで決めたいのです。なぜなら私達はみな幸せになるために生まれてきたのですから。

■共通の学びの場を持つこと。自前で議論の場を確保し、車座になって話し合い、寄り合いのパワーを復権させる事が原点だと思います。誰か偉い人の言うことに従い一丸となって付いていくのではなく、お互いの違いを認め合って共通の課題をクリアしていく。寄り合い民主主義で足元を固めていく事の大切さをいまこそ噛みしめています。

■今日と明日の二日間の集いが、何か素晴らしい出会いの場であり、知恵と元気とそしてほんのすこしの勇気を分かち合うことが出来る「場」になればこんな嬉しいことはありません。もう一度言います。本当にようこそいらっしゃいました。どうか楽しんで下さい。有り難うございました。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
砂川地域大学奮戦記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1999. All rights reserved.