豆の数  一度は使ってみたい季節の言葉 長谷川 櫂   2000/2/18

 

富良野の叔父がやってきた。じいちゃんを連れに来たのだ。職業訓練校を定年退職した叔父は富良野の麓郷(あの北の国からの!)の離農した家屋を買って移り住んだのだ。趣味のアマチュア無線のアンテナを遠慮なく立てることが出来ると言うのが魅力だったらしい。コールサインがJA8の後ろが二桁だというのが年季を物語っている。

 

黒板五郎を気取っているのではあるまいが、納屋を改造して私設の郷土民俗資料館のようなものを作ったり、町内会の事務などを引き受けたりして、それなりに楽しく暮らしている。五右衛門風呂を造ったとか、玄関に蛇の抜け殻が落ちていたとか自慢げに話している。そんなところにじいちゃんを連れていっても大丈夫なのだろうか。心配ではあるが、やってみるという叔父の言葉にも、行くと言ってきかないじいちゃんの言葉にも逆らえるものではない。

 

歳時記というものが本州、それも関東や関西を中心に考えられているものである事は当然の事だろう。しかし南北に長い日本列島、北と南では季語の感覚が相当に違うものであることはいなめない。サライに連載中の「暮らしの歳時記」が単行本になって正続と2冊刊行されている。写真がきれいで季語のイメージを膨らませるのに役立ってくれる。

 

探梅や炬燵などという季語も北海道ではぴんとこない言葉だ。霜や節分だとなんとか解かりそうだ。この本で見つけた一句

恐るべき八十粒や年の豆   相生垣瓜人

人の心配をよそに、毛糸の帽子をかぶり貴重品を入れた鞄を抱きかかえ、叔父の車の助手席にちょこんと納まってしまった。このあいだの節分の日、じいちゃんは九十九粒の豆を、なにに向かって投げつけたのだろうか。

『一度は使ってみたい季節の言葉』 長谷川 櫂著 小学館 本体価格1750円

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる          (C)TooruIwata2000.Allrighsreserved