記者の目 

定着させたいリサイグル

空き缶やペットボトルを入れると賞品が当たるゲ一ム式の回収機が十一日から十三日まで、「砂川冬のフェスティバル」の会場に設置された。

回収機にかかわる事業を中心的に進めた砂川商店会連合会によると、回収したペットボトルは六百七十九本、空き缶は二千六百十九個に達した。

天気に恵まれた日は行列ができる人気だったという。

九日、同様の事業を既に進め、賞品に商店の割引券などを使っている東京・早稲田商店会の関係者が回収機設置のため砂川を訪れた際に、リサイクルが商店街に活気を与えているという話を聞いた。

いわく「リサイクルは客を呼ぶ手段」人はタダでもらった券は捨てるが、ゲームで当たった券は使うから客が来る」など。

同開係者が回収機メーカーの社員ということを割り引いても、商店主らしい商売っ気をなくさずに、リサイクルに取り組んでいる点がおもしろかった。

同フェスティバルでは、実行委が道の助成で購入した地元農産物を賞品に入れたのも良かった。

回収機は十四日から小樽の商店街のイベントで使われた。

同商店会連合会のある会員は「このイベントだけで終わらせたくない」と力を込める。

「リサイクルは経済的にはマイナス」という常識を打ち壊す事業が定着するよう応援したい。

(滝川支局青山修二)

北海道新聞空知版2000年2月17日朝刊より

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる

砂川地域大学奮戦記へもどる

いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved