エコステーション顛末記

とにかく無事、大盛況のうちに終了した。このイベントの顛末をいまのうちに

書きとめておこう。

 

2月9日

16:19早稲田商店会の藤村氏と薩摩氏、砂川到着。早速冬のフェスティバル会場へ案内し、一通り見てもらってからホテルへチェックイン。19:30より居酒屋ごっこやで歓談。市役所・青年会議所・道新・プレス空知の記者も加わり総勢13名。藤村氏の講演会のようになってしまう。以下にプレス空知2月12日号の記事を紹介する。

【砂川】12日から始まる砂川冬のフェスティバル会場には、空缶やペットボトルを入れると衰華景品が当たる「エコステーション」が設置される。このユニークなリサイクル機械で商店街の活性化を目指している、東京の早稲田商店会エコステーション事業部の藤村洋一部長とエコショップ21の薩摩義男ざんの2人が砂川に訪れており9日、居酒屋「ごっこ屋」で砂商連の代表と懇談会を開き、成功の秘訣と実情を聞き今後の砂用商店街の参考にした。早稲田商店会では、リサイクルの地域性と商圏が一致する商店街周辺の顧客をターゲットに「エコステーシヨン」の機械を3年前に設置。空缶やペットポトルを機械に投入すると商店街の個店が用意したラッキーチケット券が当たる仕組み。当選券もユニークで、顧客獲得に一役買っでいる。l台約140万円から150万円

の機械だが、商店街活性のイベント企画として用いた所、反響も良く新規のお客さん獲得にもつながっている。また、おもしろいアイデアのため、テレビやラジオでも紹介された。藤村さんは一どの時間帯にどのようなお客さんを連れてきたいのか、アイデア次第で面白いと恩いますよ。また、商店街の中で自然に協力体制ができ、全国での物流も可能となっている」とメリットを強調していた。全国ですでに15ケ所の商店街に設置され、全国リサイクルサミットも開催している。この組織を活用して商品のやりとりも行われ、各商店街の活性化にも役立っている。砂川でも今年の4月から分別収集が行われる事から、今回のイベントは自然環境の保護とリサイクル活動に先立つ啓発的役割も果たしそうだ。イベント会場に設置されるエコステーシヨンは、7、8回に一度、ラッキーチケット券が当り、景品も1000個以上が集まつているo賞品も、生コン2・5立方bブレゼント券(山田産業)や平屋家屋解体券(増井重機)、道路舗装券3.3平方b岩佐建設)などユニークなものを揃え話題をよびそう。関係者は「イベントを盛り上げるため早稲田商店会から借りてきましたが、ユニーな商品がいっぱい当たりますので、空缶やペットボトル持参で会場に訪れて」と話している。

 

2月10日

10時にコンテナが届く予定なので9時半に会場へ行く。すると、雪原の中に荷物はもう降ろされてあった。プレハブ小屋はまだ出来ていない。11時半ころになりそうなのでパソコン本体だけを事務所に持ち込みプログラムの調整に取りかかる。プレハブ小屋が出来あがり、機械本体を設置できたのは昼近くなってからだった。

テストしてみて驚いた。空き缶ゲームが止まらなくなってしまった。13:10の列車に乗らなくてはならない藤村氏が焦っている。大汗をかいて格闘し、センサーが振動でズレているのを発見しビニールテープで止めて回復した。

オンボロワゴン車で砂川駅へ着いたのが10分前。明日のNHK特番の為にどうしても東京へ帰らなくてはならない藤村さん、滑り込みセーフ。

 店の仕事の段取りをつけて会場へ戻る。今度はペットボトルの方のゲームが始まらず、回収機のフタも開かなくなっていた。5時まで点検したが、どうしても解からない。灯油を満タンにしたストーブを点けっぱなしにして鍵を掛ける。

 店から回収機のメーカーであるTECのサービスへ電話する。連休前の夜6時。出てくれないのではと心配したが、居てくれた。明日の午前中に旭川から来てくれることになった。

 

2月11日

 9時半にホテルから会場へ薩摩氏を送り届け、店に戻って文庫本の補充をしながらサービスマンの到着を待つ。

11時、サービスマンと会場へ。回収機のフタは開きペットボトルの圧縮回収だけは出来るようになった。ゲームはまだ始まらない。

今日は13時から15時まで回収実験をしますとチラシに書いてあるからもうじたばた出来ない。

吹雪の中でもお客さんが集まり始めた。空き缶のほうが圧倒的に多く、ペットボトルは少ないので、少しは気が楽である。ペットボトル3回に1枚くらい賞品引換券を差し上げることにした。

15時で終了し点検してみたがやはり判らない。18時から市民会館で開かれる前夜祭に出かけた。薩摩さんも始めて見たというよさこいソーランに感激したようだった。

7時過ぎに会場のストーブを点検し灯油を足してきた。

2月12日

おととい、午前中にパソコンだけはチェックしてくれてあって(藤村さんが)パソコンは大丈夫と言うことがわかっていた。

次に昨日の午前中に下の回収機の方を旭川から業者を呼んで口が開くようにしたときに、全部チェックしてもらった。

するとパソコンと回収機を繋ぐコードに問題があると考えた。見た目はがっているようには見えているけどビニール皮膜の中で断線しているのではと考えた。

朝からの猛吹雪の中を走り回ってテスターを借りて来た。コードは3本あったから片っ端からテスターでチェックして見つけた。ところが、パソコンに使っているコネクターだから普通の電気屋さんには部品が無い。

うまく休日で帰省していた後輩(NEC修理サービス勤務)を会場で見つけてね、彼の智恵を借りて応急修理した。

メガネが曇って、というよりも雪で水中メガネ状態になって、顔面も八甲田山状態で披露困憊。

コードを取り付けて機械が正常に動き出したときは大の大人が何人もでヤッターバンザーイと叫んだものだから子供たちがびっくり。

 

イベントが終わって、店にたどり着いて4時から5時までソファの上で大口開けて熟睡していました。

2月13日

快晴!機械も快調!お客さんも長蛇の列が途切れることが無い。昼食を食べに離れることも出来ず、運んできてもらった。予想を越えた客数に2時前に賞品が無くなってしまった。

ペットボトル

11日 80個 12日 180個 13日 419個

空き缶

11日 315個 12日 1079個 13日 1225個

の回収。

11日はたった2時間。12日はあの猛吹雪。にもかかわらずこれだけの回収です。市民の関心の高さを物語ります。

13日は好天にも恵まれ長蛇の列が途切れることなく、1時過ぎにはついには1300個ほど用意した景品がなくなりました。

持参いただいた空き缶やペットボトルを有りがたく戴いて、申し訳ありませんと謝って帰っていただきました。

3時からトラックに機械を積みこみ小樽へ送り出す。やっと終わった。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる

砂川地域大学奮戦記へもどる

いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved