われ生きたり 金嬉老

獄中の金嬉老の生活はずいぶんと風変わりなものだったらしい。殺した相手が暴力団員だったから、刑務所側はまずそちらの筋からの報復を恐れた。そんなことが起こってしまったら「権力による弾圧」のシンボルになってしまうだろう。広い雑居房を一人で使ったり、女囚の房に入れられたりもした。

 

 それと同時に裁判での証言を変えさせる為にさまざまな懐柔策もとられていく。食べたいものは自由に出前してもらえるし、睡眠薬からしまいには包丁までも差し入れさせる事が出来た。鍵のかかっていない房から出て周辺を散歩することさえ可能だった。

 

 ある日、房に戻ってみると見覚えの無い睡眠薬の壜が棚に載っていた。一粒キンギョ鉢に入れるとキンギョは死んでしまった。毒が入っていたのである。彼は恐怖心と怒りから裁判の中で、この事を告発する。刑務所が自分を自殺を装って殺そうとしていると。

 

 裁判に民族問題を持ち込ませまいとする刑務所側との戦いが続く。刑務所の組織内部での追求が熾烈を極め、ついには一人の看守が自殺してしまう。彼は最も親しくし裁判費用のカンパまでしてくれていた人だった。それだけに、このことが金嬉老に与えたショックは大きかった。

 

 警察の不祥事が毎日のように報道されている。それは昨日今日に始まった問題ではないことがこの本を読むとよくわかる。権力を持つ側と闘い続けるのは生易しいものではない。「苛烈」と言う言葉が適当だろうか。日本と日本人を愛してやまなかった人生がここにある。

われ生きたり 金嬉老 新潮社 本体価格1500円

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる

砂川地域大学奮戦記へもどる

いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved