子供の声  めばえとよいこ     2000/2/21

毎月21日は公務員の給料日である。皆で手分けして集金して回る。大変な作業ではあるがお客様と直接話せる貴重な機会でもある。1ヶ所当たり10分強。次ぎの場所までの移動に10分。凍った路面もなんのその、ええいままよと走り回ってきた。

 さすがに1時過ぎにもなってしまうと腹も減るしへとへとになってしまう。お金の計算や注文の手配などを済ませるともう陽は傾いていて、疲れのせいか心がとげとげしくなっている自分に気づかされる時がある。店頭に立って、子供の声を聴いて、改めて反省したりするのである。

 小さな子供の声が好きだ。「これなーに?ママ、見てみて!」店の中が一気に明るくなったような気がする。子供の声には楽しい驚きの感情があふれている。1日中聴いていたいような心地よさで自然と笑みがこぼれてきてしまう。

 僕にももちろん小さな子供時代があった。炭坑住宅で父親が買ってくる「めばえ」や「よいこ」に心ときめかしたものである。僕は本の中に世界を見つけ。山の向うにある世界に思いをはせた。両親はそんな僕を見て炭坑をやめて本屋を始めることになったのである。

 数10センチの目線から見た店内は、どんなに興味をそそるのだろうか。しゃがみ込んで児童書の棚を眺めてみた。『ユーガッタメール』の街角の店のように表紙を見せて陳列できないか?商品アイテムを減らしても、そのほうが良いのでは?小さな店の悩みは尽きない。

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる          (C)TooruIwata2000.Allrighsreserved