詩   ポケット詩集                         2000/2/22 

 坊主頭になるのがイヤだったのと、とにかく両親の元を離れたくて道南の港町の寄宿舎のある高校へ入学したのは1967年の春だった。2度と帰らない修学旅行に出かけて行くようなつもりだった。一生懸命勉強する気持ちなど、はなから無かった。

 最初のテスト。国語の問題に驚かされた。「石川啄木について書け」これだけだった。授業はもっと面白かった。毎時間、テキストをガリ版で印刷して生徒に渡し、朗読させるのである。それも堀口大学のアポリネールだったり北村透谷の「人生に相渉るとは何の謂ぞ」である。

 普通は絶対に手にとってもみない類の本である。もちろん入試に出る恐れは全く無い。しかし僕はたちまち明治の青年達の熱気と興奮の渦にとらわれてしまった。この‘受験の役に立たない’授業の虜になった友人は少なくは無かった。詩集をむさぼり読み、気に入ったフレーズを書き出して壁に貼ったりしていたヤツもいた。

 同じ学年で、自分の詩集を出したヤツを少なくとも3人は知っている。詩集は恐ろしい。たった一言で、読んだ人の人生を変えてしまう力を持っている。だからわき目も振らずに坂道を駆け上がるような時代には見向きもされなくなってしまうのだろう。

 『葉っぱのフレディ―いのちの旅―』で注目された童話屋さん。詩文庫が全部ステキなのだけれど、なかでもお気に入りが『ポケット詩集』本を売るのが仕事なのに、ついついプレゼントに使ってしまう。へっぴり腰の正義感を瞳に宿した少年にももちろん良いが、本当は少年の心を失うまいとしているおじさんおばさんにこそぴったりの本だと思っている。

 逆風の中で背筋をぴんと伸ばし、はっしと前のほうを見据えている人達に…

ポケット詩集 童話屋 本体価格1250円

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる

砂川地域大学奮戦記へもどる

いわた書店と砂川地域大学へもどる

                 (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved