閉店時間  人に聞けない前立腺・泌尿器の問題と解決  2000/2/24

 

 いわた書店は閉店時間が早すぎると言われる事がある。19時で閉店しているのだが、僕としては体力・気力の限界だと思い、時間を延長するつもりはない。1階40坪、2階25坪の店を開けておくためには最低3人のスタッフが必要なのだが、悲しいかなその人員を確保することが出来ないのである。

 

 僕自身が頑張ればとも考えてみたが、愛する人達と過ごす時間や、本を読んだり文章を書いたり酒を飲んだり映画を見たりコンサートに出かけたりする時間のほうが貴重であるように思えて、無理なことは止めた。紆余曲折がありながらも、僕は人より一冊でも多く本を売るためにだけ生きている訳ではないと思うからだ。

 

 書店人で大儲けしたという人を僕は知らない。新宿のT翁が銀座で文化人と飲んでいたという話を聴いたことがあるが、それにしても都心の地価の高さが為さしめたものだろうと思っている。本屋なんて食えりゃあいいと思うのである。本屋というステージで働いている自分自身が、なんとなく好きなのだ。この仕事で、生計を立てることが出来て、3人の子供達を育てながら、地域の人達と楽しく暮らすことが出来ていれば、それでいいと思うのである。

 

 本屋が売上を増やす方法で誰でも思いつくことは@在庫を豊富にする、A駐車場を設ける、B営業時間を延長する、この3点だろう。資金が豊富でさえあれば出来る方法であるが、これではダメだろうと僕は考えている。読者に読みたい本が届いていないのではないかと思っているからだ。読者は皆が皆、ベストセラーと言われる本だけを欲しがっている訳ではない。

 

 先日、「図解 人に聞けない前立腺・泌尿器の問題と解決」という本の注文が殺到した。北海道新聞に紹介の記事が載ったからだ。似たような本は前から出版されていて、なぜ急にこの本が?と思ってしまうのだが、読者にしてみれば「ああ、こんな本が欲しかった」と今日始めて気がついたのである。

 

 もちろん北海道のお医者さんが書いているから、何かあったら診てもらえるかな、とか北海道新聞が記事で紹介しているのだからちゃんとした本なのだろうという安心感とかいう事である。そしてこの事は、本屋がこんな本もありますよという事をPR出来ていなかった事をも示しているのである。読者に本は届いていないなーと反省させられる出来事である。

 

 時間外に、どうしても欲しい本があるのだったら、僕に連絡をつける事は容易だろう。鍵を開けて、その本を売ってあげることは可能なことだ。お通夜のためにこちらへ向かっている親戚のための連絡の列車を調べるための時刻表を売ってあげた事がある。緊急に必要な本なんてそんなものしかないのかもしれない。

 

 開店してすぐに只ならぬ剣幕で離婚の本を買いに来た若い女性がいたけれど、そのあと見かけないからきっと上手くいったんだろうと思っている。どう上手くいったんだかは知らないけれど。

図解 人に聞けない前立腺・泌尿器の問題と解決 林謙治著 ハート出版 本体価格1300円

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる           (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved