まちづくり  品格なくして地域なし  2000/03/02

 

すごい男を知ることが出来た。森まゆみさんの手引きによってである。晶文社の「品格なくして地域なし」という本によってである。地域文化旅日記とも言うべきこの本はまちを造っている‘人’の側に光を当ててまちの品格=文化をあぶりだしている。

 

その人の名は結城登美雄さん。民俗研究家という肩書きらしいが、「いままでの抜け殻のような人生から脱皮しようとして」東北の町を歩き回っている。以下、結城語録を並べてみる。

 

東北は明るいぜえ、暗くなんかないよ。日当わずかに千円でも、新鮮でうまくて安いもの売ってるって誇りがある。明るくなければ東北では生きてはいけないよ。

 

何百人集めて町づくり講演会を成功させたなんていったい何になるんだろうな。ハァー今日はいい話聞いたさな、って明日からの暮らしが変わるもんかな。

 

外の人間がよってたかって考えるんではなく、内側から地域をどうしたいかなんだ。本当に自分たちで考えて、暮らしが良くなるような、住んでいる人の必要に応じた町づくりじゃなきゃどうしようもない。

 

住んでる方も人だのみばっかりで自分で立とうとしない。企業が来てくれれば町が栄えるってのも人だのみだ。会社はいいときはいいけどよ、悪くなりゃあすぐ首切って逃げ出す。そんなあてにもなんねえもんをあてにしてるんだ。

 

首長が替われば町は良くなるなんてこともいうが、首長の変更ごときで左右されるような町はダメだよ。

 

オレ、自分ではモノ作れないから、モノを作る人の手伝いがしたいんだ。おめ来るとエエなあ、ってアテにされる人間になりたい。さっきからキレイゴトばっかりいってるなあ。どっかで偽善だと思うけどよ、偽善て十年もやってると偽善でなくなるような気がしてきた。だって喜ばれるもん、ありがとなーっていわれるもん。そうすっとうれしくなって、好きになるよね。

 

いくら書いても語録はつきない。この本は内容が濃くて安い。湯布院の中谷さんも出てくるし、書店のセミナーで知り合った米子の今井書店の永井伸和さんも出てくる。なにより5人の書き手が、それぞれに自分の視点をしっかり保って書いていることが文章に信頼感ともいうべきものを漂わせることに成功している。

 

まるで登場人物と10年来の友人になれたような気持ちになるのである。本づくりの底力というか、編集者の志のようなものを感じさせてくれる一冊である。僕も本屋として、こんどはこの本をよい読者に引き合わせなくてはならない。楽しい仕事がまた増えてしまった。

『品格なくして地域なし』 関川夏央他著 晶文社 本体価格2100円

 

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる        (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved