ひなまつり   人生処方詩集              2000/3/3

 

今日は僕と親父の誕生日。親子で同じ日で、しかも3月3日なのだ。小さい頃から全国の女の子に祝ってもらっているようで悪い気はしなかった。

 

こんな日を病院のベッドで過ごしている人が居る。夫婦ともに入院してしまったパートの奥さんだ。いよいよ明日行われる脳腫瘍の手術の説明を受けてしょぼんとしてしまったそうだ。無理もない。10時間もかかるとか、障害の残る可能性について説明されたら誰だって具合が悪くなってしまうだろう。

 

見舞いに行った妻が、術後の病室でかぶれるようとに作った帽子を手渡したとたん、泣き出してしまったという。励ましに行ったのにもらい泣きしてしまった、と言っていた。とにかく手術の成功を祈らずにはいられない。

 

「飛ぶ教室」のケストナーの『人生処方詩集』には、題名のように良薬のような詩が並んでいる。その一節…

 

しかし人生を知る者は知っている

ことしもいまにかならず

例年のようになることを

一組の夫婦が森に座り

春を待っている

 

 

人生処方詩集  E・ケストナー・小松太郎訳  ちくま文庫  本体価格660円

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる              (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved