電話

2000/3/9

 携帯電話が普及して、莫大な量の「話し言葉」がとびかっている。僕はやっぱりメール派で、時間を縛られる電話はどうにも苦手である。

 

メールやファックスで、つまり「書き言葉」で注文していただくのが一番助かるのだけれど、そうもいかないお客様も多い。レジの処で一人で居る時に電話を受けることが多い。

うろ覚えの記憶を辿られながら話が続く。右手にペンを持ち掌でメモ用紙を押さえつける。目の隅のほうに本を持ってこちらへ向かってくるお客さんが見えてくる。落ち着いて優しく話そうとしても電話のこちら側で僕はかなり焦ってしまっている。

 

「芥川賞の村上さんが良い本だって、さっきテレビで言っていた1400円の極妻の本」。大抵値段だけはちゃんと覚えていることが多い。

 

正解は「アフタヌーンショーの村上アナウンサーが紹介した『だから、あなたも生きぬいて』という本」。村上龍のことではない。

コンビニを窓口にした書籍のネット販売が話題になっている。テレビばっかり観ている人達に新たに本を売ろうとする為であれば失敗するだろう。なかなか欲しい商品に辿りつかないし、たとえできたとしても話題になった本に注文が殺到するので出版社が対応しきれないだろう。

 

 ただし、商品を売るためにテレビドラマを創っていくようなことをテレビ局が中心となって仕掛けていけば話は別である。テレビショッピングを発展させた仕掛けをドラマのなかに展開する事ぐらいはしてくるだろう。そのための本やCDやグッズは今までとは全く違う形で生産され流通され消費される。

 

 人気のある新作ゲームソフトが町のおもちゃ屋さんではほとんど入手できないように、その手の本は書店で扱うのはほとんど不可能になってしまうに違いない。野球で有名なあの新聞社グループなら、そのくらいのことはやってしまいそうである。

 

 たぶんそんな時代になっても、いわた書店では‘その手の’本には見向きもせずに、くせのある、毒にも薬にもなる本を並べて待っていることだろう。お客の鋭い選書眼にビビリながらも、いつまでも怪しく危ないしたたかな、そして電話が苦手な本屋のおやじでありたいと思っている。

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる        (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved