折り紙   今売れている本       2000/3/24

 

 いま売れている本はというと、これが折り紙の本。首都の大書店のベストセラーリストには決して登場してこないから皆は知らないと思うけど、いわゆる折り紙ブロックとか折り紙手芸とかいうヤツである。折り紙をたくさん組み合わせて人形や花瓶などを作っていく。ずうっと昔、入院患者が手慰みに作っていたような、なんとも懐かしいアレである。

 

 それと相変わらず売れ続けているのがクロスワードパズルの雑誌群。漢和辞典、四字熟語の字典も揃えてボケ防止に良いとかで、共通しているのは客層が中高年だと言うこと。この他に切らすことの出来ないロングセラーとして「糖尿病治療のための食品交換表」・「相田みつをの日めくり」・「全国旅行の蛇腹式折りたたみ鉄道地図」と並べてみると、我がいわた書店を支えてくれているのは元気なオバさまたちであることが良くわかる。

 

 週に一度のプール通いのおかげで今シーズンは風邪など引かないよ、なんて威張っていたけどとうとう最後に酷いのを貰っちゃいました。レジのところで咳き込んでいると、「安心」とか「壮快」なんていう雑誌を買いにきたオバさまに見つかってしまい、塩だ、ネギだ、青汁だとかしまいには十円玉まで出てくる始末でもう大変。有り難いものである。

 

 好きな本を仕入れることも大変と言えば大変だけれど、もっと大変なのがその本を並べるために他の本を棚から抜くという作業である。本当は君も置いておきたいのだけれどね、ウチは狭いからさゴメンね。などと心の中で呟きながら泣く泣く棚からはずして返品することになる。そう云う時は注文もしないのに送られてきた本が一番最初に返品されることになる。だから僕はゴージャス叶姉妹の本やサッチーの本なんかはさっさと返品してしまうことに躊躇することはない。

 

 ところがあのサッチーの写真集が3冊も売れてしまった。買ったのはみんなオバさま。首都圏では全く売れてないと云っていたがウチでは売れてしまった。恐るべしオバさまパワー。そう言えば昼下がりの温水プールで水中エアロビクスとかで水飛沫をあげていたのもオバさま達だった。