北海道新聞 2000年3月26日(日曜日)13ページに掲載されました

ほんBOOK 視標

頑張る「マチの本屋さん」   「棚」に主張、地方文化支え

 

インターネットによる書籍販売、郊外大型店や新古書店の台頭などで、本と読者を結ぶ経路は多様化した。その半面、どこの書店をのぞいても同じような売れ筋中心の品ぞろえになりがちで、物足りない思いをしている人も多いのではないだろうか。そんな“金太郎飴(あめ)”化を拒み、地域にこだわり「ただ本を売るだけではない店」を目指して奮闘する書店が道内にもある。

 

砂川市で創業四十二年を迎えた「いわた書店」は、三年前からホームページ(http://member.nifty.ne.jp/IWATA/)を開設している。岩田徹社長は「本と読者をつなぐのが本屋」との思いから、作家をはじめとする著名人を招いた自主講座「砂川地域大学」の代表を務めている。

ホームページに掲載しているのは地域大学の活動、岩田社長の「日記」など。最近は複数の人を相手に自動的に同一メールをやり取りできるメーリングリストを作り「砂川ファンクラブ」と名付けた。「砂川出身者も含めいろいろな人からメールが来る。砂川をめぐる井戸端会議のようなものにできれぱ」と狙いを語る。

本の流通の変化を「本と出合う方法が便利になるのはいいこと」と肯定的に受け止める一方、「田舎の小さな書店には本が届きにくい仕組みになった」とも話す。だからこそべストセラーに振り回されない、主張を込めた「棚」を作る楽しみもあるという。「日本中の書店人は、本と、本を読む人が大好き。書店仲間とは、小さな店こそ素晴らしいという衿持(きょうじ)を大切にしようと話し合つています」

一月末に大阪の書店「駸々(しんしん)堂」が自己破産を申請した二ュースは、規模の大小を問わず道内の書店関係者にも衝撃を与えた。北海道ではなじみが薄いが、百年を超える老舗(しにせ)で、出版部門の子会社(ともに自己破産)も持つ大手書店だったからだ。

「老舗中の老舗で商いも大きい。あんな立派な書店がつぶれたとはショックでした」と話すのは、旭川市の「旭川冨貴堂」(志賀健一社長)本店の氏家正実店長だ。今年で創業八十六年という道内有数の老舗で、一九八六年から郊外型店舗を展開、現在は本店を含め同市内に六店を構える。昨年三月、本店に併設の文具館にギャラリーを設けた。地元の美術家や写真家らの作品を展示する。六月には、同市内の三浦綾子記念文学館の協力で「氷点」の執筆、発表当時にしぼった展示を計画している。「三浦綾子さん関連の書籍の在庫は全道一。そうでなけれぱならないと思っています」と氏家店長。

一昨年開設した同社のホームページ(http://www.fukido.co.jp)でも三浦綾子をはじめ小熊秀雄、井上靖といった旭川ゆかりの作家についてきめ細かく紹介する。売り上げへの貢献より、旭川の文化を伝えることが目的のホームページだ。氏家店長は「地域の文化を掘り起こし盛り上げる手伝いをしてきたのが地域の書店。地方の文化の営みがある限り、その役割ぱ変わらない」と話す。

めまぐるしく入れ替わる新刊を追いかけるのもいいが、本棚を眺めて店主に共感したり、買いそびれて忘れていた本を発見するのも本好きにとって喜びだ。便利さに押されそんな貴重な「本との出合い」を失うとしたら、読者自身の責任も大きい。

 

旭川冨貴堂のギャラリー。4月2日まで、旭川在住の絵本作家あべ弘士さんの原画展が開かれている