雨  悪事を働くという事            2000/3/29

 今年初めての、まとまった雨が朝から降り続いている。先週のあの湿った大雪も、もうちょっと気温が高かったら雨になっていただろうにと空を見上げた。

僕は雨が苦手である。雪だったら手ぶらで歩いて雪まみれになったとしても払えば落ちるが、雨ならそうはかない。傘が無ければ濡れてしまう。お客さんが傘を持って入ってくるので商品が濡れてしまわないかとヒヤヒヤすることもある。

 店先に益子焼の傘立てを置き、それと判るように子ども用の黄色い傘を一本だけ差し入れてあるのだけど、半数ぐらいは手に持ったまま入店される。どうやら盗難の恐れかららしい。気軽に悪事を働く人がいる。

 夏場はウチの店の前からも自転車がよく盗まれる。鍵を掛け忘れた一瞬の隙をついて見事に盗まれてしまう。しかし、それにしても犯罪である。人間としての感性が狂ってきているとしか思えない。

 飲み会などで横に座った人と話していて、僕の職業が書店であるという事を知ると、多くの人がそれを連想するのか「万引き」の話題に振ってくることが多い。病気の話をされるお医者さんもイヤだろうが、この話題には僕も閉口する。

 僕は万引き少年たちとのスリル溢れる攻防に明け暮れに闘志を燃やすタイプではない。子どもたちにそんな気持ちを起こさせるようなら、こんな罪な商売は無いのだから、もう止めてしまいたくなってしまうくらいなのだ。

 本人と親に言いたい。店側にスキがある時はすかさずバレないように盗んで捕まらないように要領良く生きる人生を選ぶのかと。たとえ誰も見ていなくとも自分の良心に恥じることは無いのかと。

 国会議員や警官や、身をもって正しいことをしていなくてはいけない人たちの犯罪が報道されている。だからと言って子どもたちに勘違いさせてはいけない。悪いことは暴かれてニュースになるが、多くの正しいことは決してニュースにはならないのだから。

 三月ももう終わると言うのに天気予報では今夜は雨から雪に変わるだろうと云っている。有珠山は今にも噴火を始めそうだ。

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる              (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved