有珠山    いまそこにある危機               2000/3/30

 

有珠山が今にも噴火しそうになっている。ラジオは高校野球も中断して10分おきに地震情報を放送してる。道路も鉄道も通行止めになり、明日からの雑誌の入荷が止まってしまった。明日の予定だった「めばえ」も「よいこ」も「小学一年生」も月曜まで入ってこない。

 

書店にとって雑誌や書籍の新刊は生鮮食品のようなもので、売上の中心であり、それこそ飯の種である。月末から月初めにかけての荷物の多い時期でもあり、今回のダメージは少なくない。

 

売るものが入ってこない時はどうすればいいのだろう。今回は取りあえず三日間しのげばあとは遅れながらも入荷する事になっているからまだ良いけれど、これがずうっと入ってこないような事態に立ち至ったら、本当にどうしたらいいのだろうかと考えずにはいられない。

 

今回の噴火はもうあと一両日というふうに予知されているが、たとえば地震である。来るぞ来るぞと云われ始めて久しいが、関東地方がやられたらほとんどの出版社が集まっているのだから、それはもう想像するだに恐ろしい事だ。

 

書籍や一部の地域雑誌は発行できるかもしれないが、今現在のように首都から地方へとよどみなく流れ続ける雑誌の替わりをすぐに受け持つことは難しいだろう。首都機能が回復するまえに血液を止められた末端組織のような書店群は全滅してしまうに違いない。

 

書店の拠って立つ基盤はかくも脆弱なものだという事を覚悟しておく必要がある。いやむしろ東京大震災を待たずとも“いまそこにある危機”に眼を向けておくべきだと云えるかもしれない。東京発のメジャーな雑誌が無くなりつつある。全国的に販売部数が確実に落ちている。

 

いま店頭で大量に売れる雑誌の特徴は内容の地域密着化という傾向だ。テレビ番組、グルメ情報、イベント情報などの情報誌は圧倒的に「北海道版」が売れている。当たり前のことだが必要とされているのは、その地域の人々の手の届く範囲の情報なのだ。

 

かつて僕の世代であれば「左手に朝日ジャーナル、右手に平凡パンチ、脇に挟んだ少年マガジン」という具合に圧倒的な支持を受ける雑誌があった。それらに拠って感性を共有していたといえる。よど号から「我々はあしたのジョーである」というメッセージが発せられた時、自分と大して違わない感性を持った奴らだと思ったものだ。

 

世代ごとにでも全国的な支持を集める雑誌が無いという事は、スポンサーにとっては魅力が薄いという事が言える。企業スポンサーは雑誌媒体よりはインターネット媒体の方により多くの魅力を感じてきているらしい。自社の望む客層に的確にしかも大量に宣伝をかける事が出来るのだと言う。

 

バブルの頃にスポンサーに踊らされて雑誌作りを下請け任せにしてしまった出版社には売れる雑誌はもう作れないのかもしれない。東京発の情報も他の地域発の情報と同じレベルで語られる時代がやっと来たと言える。という事は何も地震を待つことなく、すでにこの首都中心の業界の崩壊は始まっているのかも知れない。

 

東京が‘地方’を主張しはじめた事が象徴的だ。中央集権‘国家’の枠組みが絶対的な意味を失いかけてきているように思える。書店は中央からの情報を並べる場所としては生き残ることはできないと思う。本を売るだけではなく地域の情報センターとして人と人を結びつける場所にしていきたいと願って試行錯誤を繰り返している。

 

本当に明日から何をどうやって売れば良いのか…悩んでいる

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる              (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved