銀花     売りたい雑誌        2000/4/6

 

 雑誌は書店にとっては主食である。コメの飯であって、これが無いことには始まらない。有珠山の噴火で三日間も入荷がストップした。しかも月末から月初めにかけての一番大事な時にである。

 

 寒風の中をお金を握り締めて買いに来た子供達が、うなだれて帰っていったときは僕もいっしょにガッカリしてしまった。でもその後三日も辛抱して待ってくれて、しかもニコニコと買っていってくれた時は本当に嬉しかった。

 

風の中 走り来て 手の中の 熱い銭           尾崎 放哉

 

 このように次々と消費されるべき雑誌が必要とされる一方で、じっくりと作られて地味に売られる雑誌もある。太陽とか季刊銀花、チルチンびと等がそういうタイプである。最近、いわた書店では季刊銀花の売れ行きが良い。

 

 先日発行された第百二十一号はこんな内容である。

捨てない−−再生の美に挑む人たち

じょっぱり ひたすらに津軽−−土に生きる画家、常田健の八十九年

翠の米、米の紙−−米の国ヴェトナムを歩く

 

 その前の第百二十号はというと

母の手 糸と針の仕事 人の一生と針仕事−−アジアをつなぐ刺し子の道

針自慢が集まった−−読者の“我が母語り”

 

 季刊誌というのは販売期間が3ヶ月という雑誌である。この第百二十号が気に入ってしまっていろんな人に紹介したり、店頭の一番目立つところに陳列して売った。10冊単位で二度も追加で取り寄せた。次の号が入荷しても返品するのがもったいなくなってしまった。

 

 出版社である文化出版局の村井氏にお願いして、もう少し長く売らせてもらう事になった。ついでにバックナンバーも取り寄せてミニフェアを企画してみた。平台に並べて、関連の本も一緒に陳列した。調子に乗って姿の良い蕎麦猪口や香炉も一緒にディスプレイして面白がってしまった。

 

 はじめて2週間。ずいぶんと良く売れる。バックナンバーがこれまた良いのである。例えば表紙の絵を載せた第九十四号。

当代の荷風たちによる十一の景−−「当世日和下駄」で歩く東京の道−−である。書いている「当代の荷風たち」とは高田宏、出久根達郎、高井有一、久世光彦などなどであり、松本昌子の瞑想する人形の写真があり山之口獏の詩が紹介されていたりもするのである。

 

 書籍だって油断するとすぐに手に入らなくなってしまう時節である。雑誌でこんなに良い仕事をしているのに3ヶ月しか日の目を見ないなんて理不尽である。読者には良い本と出会うチャンスと場所が必要だ。バックナンバーを揃えてみて良く解かった。

 

 僕は自分が読みたくなるような本を売っていきたい。今日、昼前に村井氏から嬉しい電話が入った。次号(百二十二号)からは季刊銀花の巻末にバックナンバー常備店として、ウチも載せてくれる事になったという。全国で十軒に満たないのだから、これは嬉しい。いわた書店はその中で、たぶん最北のそして一番小さな店に違いない。これは誇りに思っても良いことだ。

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved