宿題     四人はなぜ死んだのか      2000/4/10

 中学3年の夏休みの理科の宿題。「科学に関する新聞記事を切り抜き、調査研究を深め、レポートにまとめなさい」、ちょうど目にとまったのが和歌山カレー事件の記事だった。

 「カレーで食中毒なんておかしいよね」・「東南アジアとかの熱帯では、食中毒にならない知恵としてカレーという食文化を生んだって習ったけど?」こんな疑問が15歳の少女の好奇心をくすぐった。

 少女はまず、ハウス食品のホームページでカレーに入っているスパイスとその殺菌・抗菌作用を確かめる。続いて東京都立衛生研究所のホームページで食中毒の原因菌の特性を調べてみる。

 当時言われていた「青酸中毒」に納得できない彼女は『急性中毒情報ファィル』という医者向けの専門書まで買い込んでしまう。そしてついにはインターネットによる病名検索システム(http://mach.bml.co.jp/diagnosis/)にたどり着いて「急性砒素中毒症」という結論にたどり着くのである。

 そしてこの本の題名になるのである。「四人はなぜ死んだのか」…和歌山の夫婦の他にも犯人はいる。毒物中毒を食中毒と誤診して胃洗浄等の治療を早期に行わなかったのは業務上過失致死ではないのかと訴えるのである。救急救命医をめざす中学生がである。

 背筋をまっすぐに伸ばし襟を正さなくてはいけない。最近の若い者はなんて言ってはいけない。いつの時代にも若者から見れば、三十以上は信用できない存在なのだ。

【付録】去年の夏のことを思い出して、僕も症状を入力してみた。「腹痛」・「便秘」・「発熱」で「submit」のボタンを押すと3番目に「大腸憩室炎」という病名が出てきた。危なかった…

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる              (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved