街・人・円山を吹く風 2000/4/15

 

妻の実家に泊った翌朝。よちよち歩きの娘の手を引いて出かける。オリンピックの後、やたらに重機が穿り返して面白みのうせた札幌の町も、この円山の界隈は取り残されたようにそのままで、散歩に適している数少ない地域の一つだ。

 

中心街にほど近いのに家々の建てこみ具合がゆったりとしていて、しかもそれが周囲を威圧するほど仰々しくないのが心地よい。遅く起きた休日の朝、幼子の手を引いて頬には五月の風を感じている。贅沢過ぎるかなと思えるくらいゆったりとした気持ちで散歩していた。

 

息子が逃げていったとこぼしてばかりいる老夫婦のやっている雑貨屋の角を折れ、何とか云う社長の屋敷の桜の樹を過ぎて往来に出ると、右手に評判の洋菓子店が見えてくる。

 

一度連れて来ただけなのに覚えているのか娘の脚が早く動いて、僕の手を引っ張っていく。水を打った清潔な床は開店草々だと云うことを物語るようで、ショーケースの中にも商品はまだ少なかった。

 

いらっしゃいませといわれては見たものの、お目当てのシフォンケーキが並んでいないので一瞬口篭もってしまった。店員さんが察してくれたのか、少しお待ち戴ければと店の奥の工場に目を向ける。

 

日差しの気持ち良さと、幼子の手のひらが恥ずかしくなるほどいとおしかったので、つい、待たせてもらうことにした。

 

袋菓子の包みを見て回る娘の横顔と番茶の香ばしさを思い出してしまった。二十年くらい昔の話。

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる              (C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved