散歩            2000/4/18

 

寒空の下を大またで歩いてくる人がいる。リュックを背負い両の手を大きく振ってニコニコと歩いてくる。後ろから駆けてきた人がやっと追いついて腕を取り「少し休もう、かあさん」と言う声で母娘だと云う事が判った。

 追いかけてきた娘は苦しそうなのに対し、汗を拭いている母親が笑顔のせいか同い年位に若く見えてしまう。「かあさん、ボケてしまって歩き続けるの」という言葉にも笑顔が崩れないから本当の事なんだろう。何と答えたら良いか判らなくなってしまう。

 息が静まるのを待って母娘はまた歩き出して行った。

 この日から、彼女らの散歩のコースになったらしく、毎日のように店の前まで来ては立ち止まり、雨でも降っていれば店の中に入ってきて休んでいく。春になり、夏が過ぎ、秋が深まる頃まで続き、ある日突然来なくなった。

 色んな事を想像し、噂話をしていた。冬が来て、また雪が溶け、ちょうど1年も経った頃、娘さんが一人で店の前を通りかかった。呼びとめる間もなく見送った。

 表情は明るく、やはり大またで歩いていった。