闘病           

 

 最近、相次いでお二人の方から癌と闘っておられるという事を知らされた。お一人は高校時代の恩師であり、もうお一人はジャーナリストの黒田清さんである。

 黒田さんとは数年前からのお付き合いである。知り合いの女性が納戸の奥から発見した戦時中の中国の写真の処置に困って相談に来られた。僕はそれを黒田さんに相談したわけで。それがご縁で砂川に来ていただき講演会を開くことが出来た。

 一昨年大阪へ出かける機会があり窓友会の事務所に立ち寄った。近くのお寺でちょうど集いをやっているからと言われ駆けつけると黒田さんが真中に座っていた。随分と痩せてはいたけど皆に囲まれて嬉しそうにニコニコしていた。ご自身のことをモグラに喩えて「叩かれても叩かれても頭を出すんだ」と笑っておられた。

 アサヒ芸能に「ガンと上手につきあいなはれ!」という闘病記を連載していたが今週の第29回で休載となった。この中で黒田さんはいよいよ関が原と言っている。大勢の人達が新鮮血の輸血で黒田さんを励まそうとしている。

 半世紀もの間、たった一人で叩かれても叩かれても炎のような記事を書き続けた黒田さん。モグラのようにひょいと飛び出して来ては優しい言葉で力の無い底辺の人々を励まし続けていた黒田さんが、そして多くのジャーナリスト達からは兄か親のように慕われている黒田さんが今、身中のガンと闘っている。

 

 卒業式のなかった僕ら第8期の同期会を函館で開くことになった。懐かしい仲間たちと再会できる事も嬉しいことだが、僕は大場先生に会えることが楽しみだった。早速こんな手紙を書いた。

 

 大場先生、8期の岩田です。

 あの時は大変お世話になりました。私自身、当時の先生方の年齢を優に超えてしまいました。この歳になってみて改めて当時の先生方の真摯な対応に感謝しています。 おかげさまであれから30年、人生の節目節目で当時の経験を自らの支えとして生きてきたことは事実です。私達8期の卒業生にとりましても卒業後30年を振り返り自分たちが何をしてきたか、また何を成し遂げられなかったのか、自らの人生を省みる良い機会と捉えています。今回の函館での同期会は本当に懐かしく楽しみにしています。

 実は6月24日少し早めに先生にお会いしたいと思っています。ホテル入川で待ち合わせても良いですし、私が3時頃先生のお宅に迎えに伺うという方法もあります。 先生の都合もあるでしょうから前日の23日の夜にでもお電話しますので宜しくお願いします。

 来月が楽しみです。どうか先生お元気でお過ごし下さい。

 

 今朝、先生から電話を戴いた。相当弱っていて殆ど自宅で寝たきりの状態なので会って話をするのは難しいと、せっかく来られるのに申し訳ないと仰られた。君は元気にやってるようだね、と言ってくれた。僕は先生の声を聴けただけで嬉しいです、ありがとうございました、としか言うことが出来なかった。

 卒業から30年の月日が過ぎている。母校を再訪できるところまで自分自身を持ってくるまでにこれだけの年月を要したという事だ。もっと早い時期に先生をお尋ねする事を決断できなかった自分に腹を立てている。

2000/06/11