追悼 黒田さん                     7/25

 黒田さんが亡くなった。砂川で講演して戴き、その後も大阪でお目にかかることが出来た。黒田さんは、記者は何をするための職業なのか、「記者らしく」生きる事は何なのかを常に問いかけていた人だったと思う。

 塩野七生さんが言うように職業には貴賎はない。しかし生き方に貴賎は在る。自分の職業に悩み、何を為すべきかを悩む時、人は生きる道を見つけることが出きる。

 運転手は運転手らしく、消防士は消防士らしく、本屋は本屋らしく生きようともがいて「人間らしく」生きる誇りを克ち取ろうとする。金の為だったらやってられないぜ、という矜持である。

 卒業後30年の同期会に行って来た。48、9歳になって振り帰った高校時代。僕らは「高校生らしく」生きるとはどういう事なのか夜を徹して話し合ったのだ。返す刀で先生にも切りかかった。「教師らしく」生きるという事はどういう事かと。

 先日の文章を読んで、当時寮で同室だったO君がメールをくれた。

 大場先生のこと、私もすぐ思い出せます。「先生の教育の信条は何だ?」と問い詰めたわたしたちに「浪花節だ」と即答した唯一の先生でした。その意味するものが十分わからないままに、確信に満ちた顔つきにこの先生は信用できると思ったものです。

 同期会に出る事が出来た友も、出る事が出来なかった友も、それぞれの場所でそれぞれに人間らしく生きるとはどういう事なのかを自らに問うている。

 少年のような瞳をきらきらさせて、あれから30年経っても、その議論はまだ続いている。

波乱万丈いわた書店日記へもどる

表紙へもどる              

(C) Tooru Iwata 2000. All rights reserved