33回転の精神史                      2000/07/27

 

 友人が本を出した。『変貌する演奏神話―33回転の精神史』 和田 司著 春秋社刊 本体2200円である。

 

 帯には“演奏解釈”にみる音楽文化の20世紀―とある。この本で論じられるのは、フルトヴェングラー、チェリビダッケ、クレンペラー、ベーム、トスカニーニ、グールド、ホロヴィッツ、ブレンデル、リヒテルという面々。

 

 実は僕は楽譜が読めない。音楽はずーっと「2」だった。そんな僕でも、音楽は聴くし、娘が中学の時のブラスバンドの演奏会では背筋がザワザワして最後には涙ぐんでいた事もある。

 

 だけども超一流という演奏会ではつまらなかっただけの時もあった。この本を読んで、音楽に詳しい著者も同じような経験があったのを知って実はほっとした。彼もフルトヴェングラーの『田園』ではこみ上げてきた感動がカラヤンでは感じられなかったと言うのだ。

 いつまでたっても「音楽」が判らない僕にも「音楽」に感動してもイイと言ってくれる友人に、そしてその著作に乾杯しようと思う。