今月末に発売されるから、すぐにでも読んでもらいたい本     2000/09/10

 

『経済成長がなければ私達は豊かになれないのだろうか』

 

過労でくたびれた、あるいは労働現場の自由の無さに不満を感じている労働者。

自分の畑の工場化が嫌になった農民

「経済」という要素が自分の教育の自由の障害物になっていると感じている学生

広告産業が自分を馬鹿にしているのではないかと感じている消費者

戦争体験を覚えていて、今の日本政府の再軍備への突進にショックを感じている老人

戦争を体験したことはないが、これからも経験したくないと思っている若者

南北問題は「南」の問題というより、どちらかというと「北」の問題であるということに気がついた人

世界の自然が死滅しつつあるだけではなく、私達がそれを殺しているという事実に気がついて悲しんでいる人

なんとなく危機感を感じてはいるものの、それが何なのか漠然としてはっきり分からないという人。

こんな人達に読んでもらいたいという哲学の本である。

前回の気になる本