9月30日入荷の書籍から

 

「貴賓室の怪人 飛鳥編」内田康夫著 角川書店刊 1,600円

「司馬遼太郎の風景11」NHK出版 1,800円

「仕事ができる人できない人」堀場雅夫著 三笠書房刊 1,400円

「されど君は微笑む」北方謙三著 角川書店刊 1,500円

「心はいつもスイカ」太田ルカ著 二見書房刊 1,200円

「一生二度楽しむ」天野久壽著 小学館スクェア刊 1,200円

不慮の事故に遭遇し、やっと一命はとりとめたものの半年間の記憶と下半身を失った男の話。

入院したての頃、父親から言われた言葉。

『久壽、本当に良かった。これでお前は好きなお酒もやめられるし、仕事も何も無茶ができなくなるだろう。家族を大事にするだろう。天の助けだ。私は以前からお前の体の事を心配していたがこれで長生きできるしまともな暮らしが出来るだろう。今までのお前なら酒ばかり呑んでいて60歳まで生きなかったかもしれない。ケガをしたのが母の日だ。まさに30年前に亡くなったお前の母が無茶な息子を心配してお前を救ったんだろう。』

「子どもの疑問からはじまる宇宙の謎解き」三島勇・保坂直紀著 講談社ブルーバックス 980円

「折る紙の数学」渡部勝著 講談社ブルーバックス 800円

「世界の鉄道旅行案内」櫻井寛著 講談社現代新書 940円

前回紹介した本