教えると言う事…学習塾をやっている友人の話から      2000/10/09

 

 塾に通ってくる子にはできる子もいれば、出来ない子もいる。いずれにしろ、その子達を教えて幾らかでも成績を上げてやる事が出きれば良しと彼は考えていた。

 

 中学1年の時から教えているけれど、どうにも苦手な英語に歯が立たない女の子が居た。3年になっても1年の時の復習を繰り返すような具合で、他の生徒とは別枠の時間に教えたりと大変だったらしい。お母さんと二人で暮す母子家庭で、経済的にも大変だろうから無理に塾へ通うことはないのではないかと薦めた事もあった。

 

 教える方の苦労も大変だが、苦手なことを教わる方の努力も生易しいものではない。それでも彼女は頑張り続け、高校に合格した。

 母親が訪ねてきた。

 母親以外にもあなたの事を心配し、見守って支えてくれる人が居るんだよ。あなたの事を決して見捨てない人がいるんだよ。だから、その人のためにも頑張らなきゃいけない。自分の人生を降りちゃいけない。こう言って励まして生きてきました。

 おかげさまで、あの子は頑張りとおす事が出来ました。先生のおかげです、有り難うございました。

 涙を流しながら頭を下げる母親の言葉に、彼はバットで殴られたような衝撃を受けた。

 この事があってから、彼の授業は変わったという。態度の悪い生徒にも人間として向き合えるようになったのだ。あの母娘と出会わなかったら、自分はただのティーチングマシンで終わっていただろう。こう語る彼の目に、熱いものがこみ上げて来ているのを僕は見逃すことは出来なかった。

 

 ああ、やっぱり人生は素晴らしい。

波乱万丈いわた書店日記へもどる