11月3日、本日の気になる本の紹介です

 

自尊心という病 町沢静夫著 双葉社刊 1,500円

子どもたちの日本 長田弘著 講談社刊 2,200円

この本のP129

 いい街というのは、街におおきな樹のある街です。樹をみれば街がわかるように、街のおおきな樹のありようがしめしているものは、いつだってわたしたちの日々のありようであり、時代の器量です。街のおおきな樹の魅惑は、そこに、その樹があるということです。時間をつくっては、好きなおおきな樹に会いにゆく。そこに、その樹がある。おおきな樹がくれるのは、ちいさな悦びです。そこにまだ信じられるものがあるということです。

 一つの街が無くなって、一本のおおきな樹が残っている場所を、僕は知っている。

スカをつかむな!情報家電 藤井耕一郎著 草思社刊 1,400円

1ミリの大河 二宮清純著 マガジンハウス刊 1,400円

密着母娘 門野晴子・智子著 講談社刊 1,300円

ガン末期夫と向きあった最後の時間 TBSスーパーフライデー編 マガジンハウス刊 1,400円 

前回紹介した本