『エコロジーショップ本日開店』

ほんの木刊 日野雄策著 1600円

裏表紙の帯のところに「こんな悩みでお困りの方、解決方法を知りたい方へ」と書いてあって、20項目くらい並んでいます。

その中に

というような項目が並んでいます。

この中で酒屋さんを例に挙げています。酒税法の規制に守られて、自動販売機によって労せずして売上を伸ばしていた酒屋さん。規制緩和と価格破壊の波にもまれ、コスト主義と合理化に救いを求めて大手コンビニチエーンの雇われの身となっていきます。

一方、コンビニに走らなかった酒屋さんの一部は、商品を「売る」のではなく「伝える」店に転換していく。本来の家業に、エコロジカルな生活の価値観を融合させ、元気なお店として再生していくというのです。

ぼくはこの「酒屋」を「本屋」と読み替えて一気に読んでしまいました。