2001/01/18

山に暮らす 海に生きる   東北むら紀行   結城登美雄著 無明舎刊


行く先々で示された寛容さにふ
れるたぴ、私は自分の祖父母たち
のことを思い出していた。山形県
の山奥の小さな村で、その生涯を
ほとんど町に出ることもなく、文
字通りおてんとう様と共に起き、
働き、静かに休むという暮らしを
淡々と続けていた。不平も言わず、
言葉も少なく、だが他者に対して
はいつも寛容で、ときに無埋もし
ていたのだろうが、おだやかな顔
が崩れることはなかった。そんな
祖父母たちが生きた時代と人間に
はもう会えないと勝手にあきらめ
ていたが、どうしてどうして、ま
だたくさんの祖父母たちが凛とし
て働いていた。その発見が嬉しく、
またそうした人々のいる東北を誇
らしく思った。そして、お前たち
の生きていく時代も厳しかろうが、
急ぐことはない、ゆっくりと行け。
そう励まされでいるように感じた。
(「あとがき」より)


気になる本へもどる