消える本、残る本 永江 朗著 編書房刊 1600円         2001/2/11


『諸君!21世紀の書店は質だ!』ラジオから突然こんな言葉が飛び出してきたので
びっくりした。良く聞いてみたら「書店」ではなく「車検」だった。アップル車検のCMだった。

本という商品の‘返品できる’という性質に目をつけて金融商品化してしまった奴らがいる、と僕は主張してきた。同じ事を『消える本、残る本』のなかで著者は「贋金化」という言葉で表現している。

新刊や話題の本ばかりを山積みしているのを見たとき、ちょっとばかりは羨ましくないわけではないけれど、壮大な徒労に思えてしょうがない。読者は皆がみなベストセラーを読みたくて本屋に足を運んでいるとは思えないからだ。

むしろ自分のための1冊の大事な本と出会うために、自分を支えてくれる言葉と出逢うために、多くの書物の間を彷徨っているように思えてならない。

本のほうでも、そんな読者との出逢いに恋焦がれているに違いないのだ。本屋はロマンチストにしか出来ない稼業だったはずだ。読者の目はキビシクあって欲しい。諸君!21世紀の書店は質なのだ!

こんな本を仕入れました

消える本、残る本              永江 朗著 編書房刊 1600円
やっぱりのみたい日本の名酒160選 稲垣眞美著 新潮社刊 1500円
森の人四手井綱英の九十年       森まゆみ著 晶文社刊 1900円
正しく悩む                    頼藤和寛著 新潮社刊 800円
人みな骨になるならば         頼藤和寛著 時事通信社刊 1800円
物語の体操               大塚英志著 朝日新聞社刊 1400円
症例A                   多島斗志之著 角川書店刊 1900円
The Blue Day Book                竹書房刊 980円
新版 モノここに始まる      ヨハン・ベックマン著 小学館刊 1600円
「粗食」は生きること             幕内秀夫著 講談社刊 1200円
建築探偵、本を伐る             藤森照信著 晶文社刊 2600円

文庫では

詩の日本語               大岡信著 中央公論新社刊 1048円
道具づくし                    別役実著 早川書房刊 620円
ダーシェンカ--子犬の生活    カレル・チャペック著 新潮社刊 400円

気になる本にもどる