つがる衆立大学                      2001/06/11


自主講座のグループが集まって「生き生き学習ネットワーク」という横の繋がりを
持っています。
年に一度、一堂に会して親交を深めています。
今年は、青森県西津軽郡稲垣村というところに行ってきました。
つがる衆立大学の全校セミナーに招かれたのです。
岩木川の洪水との戦いの歴史を持った村で、砂川との類似点をたくさん見てきまし
た。
現在は岩木山を望む堂々たる水田地帯ですが、かつては、泥炭地と言う事で、胸まで
つかる水田に稲を植え、度重なる水害に悩まされていたということです。
村のあちこちの事象から語りだされる「歴史の豊饒」さとも言うべきものに圧倒され
てしまいました。
ヤマセという冷たい風が吹いて、数年に一度は飢饉に襲われたという事。
5千人の人口の村に2千体もの地蔵があると言うことから想像される生活の過酷さに
胸ふさがれる思いに捉われました。
そしていま、暖かな陽だまりの中でわら細工に精を出すおばあちゃんたちの優しい笑
顔に感動し、地元の農協婦人部のお母さんたちの手作りのもてなしに感激した旅でし
た。

いわた書店日記へもどる