映画『ホタル』を観てきました。   2001/05/27


‘あの時’死んでいった人たちを語る、今を生きる人たちの物語。
明日、出撃するという特攻隊員は冨屋食堂で、家族との別れのひと時を過ごす事が許された。そのなかには朝鮮半島出身の隊員もいた。彼のもとには家族が駆けつけてくるはずもない。朝鮮に残してきた親・兄弟のために、朝鮮民族万歳!といって死んでいくんだ。彼は、こういい残して飛び立ち、朝鮮のお守りを渡された許婚(田中裕子)が残される。
エンジン不調で帰等を余儀なくされた戦友(高倉健)と結婚した彼女が朝鮮半島の遺族のもとに遺品を届けに行く旅を決意する。
一族の内から日本の特攻隊員になって闘った人間が出たということを認めようとしない遺族たちは受け取りを拒絶する…。
映画館の中に居る皆と一緒に涙を流しました。今改めて戦争とその後の歴史を振り返ることによってしか、互いの誤解を取り除き未来を展望する道は拓かれないのだということをストンと判らせてくれましたよ。
良い映画です、オススメです。