雪解けが進んで 1997年4月3日 TO ENGLISH


▽四月になると、雪解けも進んで、天気のいい日などお客さんが午前中から来 てくれます。
足腰を痛めている人が多くて、いわた書店の二階売場も不評なのですが、若い 社員が「もって来ますよー」と元気に対応してくれて逆にファンを増やしている ようです。腰の重い僕などは恥ずかしく頭が下がります。

▽やっと足元が良くなったから、病院で待っている間に読む本を買いに来た。 というおばさんが来ました。足が不自由になると、ちょっとした段差や滑る路面 が怖くて出歩けないと言うのです。実は、僕も一月の末に左膝の靱帯を痛めて酷 い目にあって居ます。市立病院までの、たった4ブロックを歩いていくのが至難 の業でした。

▽開発局というお役所は、車の走るところばかりを除雪して、人が歩くところ に逆に雪を盛り上げていったりするのです。たった4ブロックと言いましたが。 左足をひきづりながらの雪道は、言ってみればアンジュレーションに富んでいて 、一歩一歩がびくびくものなのです。

▽交差点の手前は氷の固まりがブロックしていて、それを越えたらツルツル路 面。迫りくる車に脅えながらそれでも出来るだけ早く渡ってしまおうと必死にな るのです。そんな思いを共感できた後なだけに、おばさんの気持ちが嬉しくて、 話しているうちに涙ぐんで来そうになりました。

▽弱者の立場になってみなければ判らないことがあります。商売をしていると 、腹立たしいこともありますが、嬉しいことの方が遙かに多いようです。お客様 に教えられ支えられて毎日どうにかやっていけます。          

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.