少年H

1997年6月10日TO ENGLISH


old day 本屋なんだから、本の紹介をしなさいという声が幾つか有りました。驚くほどたくさんの人に読んでもらえて、本当に嬉しく思います。

それじゃあやっぱり『少年H』です。リベラリストの父親と、クリスチャンの母親、絵ばっかり書いてる少年Hと、心優しい妹。この一家の戦中戦後の物語。

主人公の周りの大人たちは、皆うすうす解っている。この戦争が何か間違っていること。新聞やラジオで、言っていることは嘘だということ。どうやら負けそうだと言うこと。軍隊に取られて死ぬのは犬死にだということ。

軍事教練の担当教官ですら、薄々感じながら上からの命令と言うことで自分をだましながら鉄拳を下す。


上からの命令に従わなければ自分が危ないのだから、自分には責任がないと思っている。 だから、戦争が終わってすぐに“民主主義”に乗り換えることが出来る。

「大人はみんな嘘つきだ」という、少年Hの前に“責任者”は誰も現れてこない。
大人たちはみんな良くわかっていたはずなのに、いつの間にかどこか上の方で物事が決められていく。何らの意志表示も求められないまま、ある「空気」の中で“共同正犯”になっていってしまう。

 まるで、日本人は変わっていないと思わされてしまう本です。テレビからチャンネルを自分の頭に切り替えること。一から自分の頭で考えてみる事。難しく大切なことだと思うのです。本屋というのは本当に大事な仕事です。

 著者の妹尾河童さんは1930年生まれ。その5年前に生まれた僕の父は、入隊してすぐに捕虜になり、四年後シベリアから帰って炭坑夫になった。 僕が小学校に上がる頃、一念発起して本屋を始めた。仕事帰りに購買で買って帰った『幼稚園』を喜ぶ僕の姿が引き金になったらしいのです。

 黄金週間が終わってからの一週間、父は道南の大沼でへら鮒を釣っている。明後日までは帰ってこないつもりらしい。70歳をすぎた父の春休み、誰にも文句 を言う資格はない。
「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.