本屋さんは歯がいのち (97/04/19)

TO ENGLISH



 機嫌の悪いお客さん−が来ます。「***ないっしょ。」都会の大書店になら積んでるかも知れな いが、田舎のこんな小さな店にはあるわけないよなー、という態度がミエミエで 結構かちんとくるのですよ。

 それで在庫があれば、威張れたもんなんだけど、運悪くちょっと前に売り切 れてしまったり、もしくはいくら注文してもぜんぜん入ってこない商品だったり して、「スイマセン、品切れです。」と言ってしまうわけで。お客さんの「ヤッ パリなぁ」という表情が悔しいものですよ。

 地元の顔なじみのお客さんだったら「こんど入ったら連絡しますよ」「うん 、とっといてー」てな感じで、うまくやれるんだけど。どうも、この辺の人じゃ ないみたいだし会話はこれ以上前には進まない。

 最初から喧嘩腰でくるお客さんもいる。こっちの体調の良い時は応対も丁寧 になって話を聞いてあげることが出来る。話が進んで落ち着いてくると**につ いて書いて有る本を探しに来たのは仮の姿で、**についてわかんなくて困って いる自分の話を誰も聞いてくれないということに一番の不満の核心があることが 明らかになってくる。


 とまあ、この辺まで聞いてあげるとお客さんの要望はもうほとんど満たされ ちゃっていて、本の在庫があるかないかはもうどうでもよくなっているわけです よ。目的を達したお客さんは、「又今度」とか言ってニコニコして帰っていく。 いつが今度なのか、誰にも判らないけれど、一円の得にもならなかったけど、こ んな日は一日中僕は気持ちがいいのです。

 田舎の本屋さんは町のプレイガイドだったり、案内所だったり、時には(機 嫌とタイミングがよければ)話を聞いてあげることもできる場所だったりするの です。笑顔が大切。コマーシャルじゃないけれど歯がいのち。悔しいときに歯ぎ しりするためにも。
波瀾万丈いわた書店日記へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.