皆さんお元気ですか

 97/04/20TO ENGLISH



 「不機嫌な時代」だからこそ、笑顔が必要だと言うことを昨日書きました。 なんだかみんなが怒りっぽくなっていて、とげとげしいのです。時代の雰囲気と いうのか、年寄りから子供に至るまで、言葉遣いが荒々しく感じます。

 500坪とか1000坪とかの巨大書店の時代とか言ってますが、いったい 何なのかと思ってしまいます。巨額の投資に見合うほど書店業というのは、儲か る物だったんだろうか。この国の文化を支えてきたのは、志を持った出版人たち と、それを日本各地で一冊一冊読者に届け続けた田舎の本屋の親父たちではなか ったかと思うのです。

 本が好きで、本を読んでくれるお客さんが好きで、子供たちが大好きな親父 たち。あんなに一生懸命働いても巨富をなした人など一人も居なかった。又それ が当たり前だと考えていたふうでした。

 アメリカの書店事情などを紹介する文章を読むことがあります。巨大なチェ ーン同士の争いが小さな書店など蹴散らしてしまったと言います。独立自営書店 になど未来は無いというわけです。ドイツなどヨーロッパの書店では高度な教育 を受けた自営書店ががんばっていると聞きます。

 日本はどちらになっていくのか。これはまだまだ判りませんが、日本型の独 立自営書店というものを展望する手だてはあると思うのです。巨大書店で、ぎり ぎりまで効率を考えていくと一人当たりの受け持ちの売り場面積は広くなります 。単位時間当たり何人のお客さんをさばくか、言ってしまえばどれだけ多くの商 品を現金化するかというところに成否がかかってきます。

 利益率の低い本という商品だけでは採算がとれないので、ブロックバスター 戦略商品としてCDなどの音楽商品を導入します。こちらの業界のことは全く判り ませんがたぶん、本とは全く違った売り方をされるものでしょう。きっと巨大チ ェーンに独立自営商店は全く歯が立たない業界だと思います。

 ここまでくるともう僕はついていけません。そんな物にまで手を出して店を 広げて、その投資を回収するためにいらいらしたり、月末にはドキドキしたり、 そんな暮らしはしたくないのです。大きな店の戦争“アメリカ型の競争”の行き 着く先は24時間営業のスーパーストアーでしょう。そっちの方向に解答がある とは、未来が開けているとは到底思えません。

 営業時間を非人間的なまでに延長するのはやめましょうよ。疲れたら休みま しょう。書店なんてどうせそんなに儲かる商売じゃないんだから、そこそこ食っ ていけりゃ楽しい商売だと思わなきゃ続けていけません。

 こんななまけものの僕ですが、「ちいさな店こそすばらしい」という視点で ご意見募集しましょう。共感、反発、罵倒などお寄せ下さい。本屋と読者と出版 に拘わる人たちでディベートバトルロイヤルやりましょう。



「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1998. All rights reserved.