97/09/14

貴之花が出島に…

TO ENGLISH


  めっきり秋めいて、5時半を過ぎるくらいで暗くなり、ドアを開けはしておくのは、ちょっときつくなってきました。
 まもなく6時になるかという頃電話が鳴ってNさんが「貴之花が出島に負けたよ……」この一言から本の注文に入る。
 Nさんは難病で下半身が不自由だ。それでも改造した車を運転したりしていたのだが、何回か入退院をくり返しているうちにとうとう、それもできなくなった。

 札幌の病院に入院しても電話をくれる。毎月、予約している短歌と俳句の雑誌と一緒に送って欲しいと、何冊かの本を注文される。最後にちょっと声が小さくなって、「かあちゃんに内緒で元気の出る文庫本二三冊入れといて。」僕もこういうオーダーには気合いがはいる。
 午前中に発送出来れば翌日には到着するから、移動の不自由な入院患者にとってはこんなに便利なことはない。札幌の本屋より便利だろう、と言っては周りの患者を羨ましがらせている。

 有り難いことに、いわた書店には遠方のお客さんが多い。札幌にいながら毎月たくさん買ってくれるお客さん。転勤した後も、転勤先から注文してくれる銀行員。銀行には各支店間の連絡便があって、配達は無料でしてくれる。離島の小中学校に送ったこともある。
 こんな時は、本屋をやってて本当によかった、有り難いと思う。嫌なことはぜーんぶ忘れて、今日もにこにこ元気に働くのですよ。


「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.