好きな言葉

「人は幸せになるために生まれてきたのです。」

1997年6月10日TO ENGLISH


この言葉は、砂川地域大学で講演してくれた作家で演出家のつかこうへいさんが、娘に語りかけるように書いた本の題名です。
最近、つかさんは「娘に語る祖国−満州駅伝−従軍慰安婦編」という本を出しました。いわゆる“教科書問題”の微妙にズレた論争に対して、つかさん独特のとらわれない視点から切り込んでいます。
この本でも「人は希望を持って生きなければなりません。なぜなら人は幸せになるために生まれてきたのです。」というモチーフが貫かれています。
簡単な言葉で人生の真理を言い当てているようで、とても気に入っています。
結婚式などあちこちで使わせて貰っています。
偏差値の高い学校に入る事や、営業成績を上げるためだけに生きてるんじゃない。
幸せになるために生まれてきたんだと考えると、スウッと肩の力が抜けて楽になります。
ちっぽけな存在に思えた自分がいとおしくなり、他者に対しても優しい気持ちになれる不思議な力を持った言葉です。 岩田 徹

注 :北海道新聞に依頼されて書いた文章です。ボツになったときのために残してお きます。
6月26日の朝刊・全道版に載りました。

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.