純情町内会

1997年6月20日TO ENGLISH


 隣のばあさんが倒れた。一昨日の騒動をまとめてみるとこんなところだ。
隣家のS婆さんは、つれ合いを亡くしてからも砂川に一人で住んでいる。市役所の色々なサービスを受けながら、一人暮らしを続けていた。
買い物に出かけるときも、馴染みのタクシーを利用するし、二三日の旅行の時は近所に宜しくと断ってから出かけていたものだ。

 その婆さんの家のドアが、丸一日開いていない。カーテンも締め切ったままだ。電話をかけても話し中。もしかしたらはずれているのかもしれない。
 夕方になって近所の人たちが集まってきた。「変だ」という訳だ。
明朝まで様子を見ようか、いや、もしかしたらということもあるから、何とかしようということになった。
 民生委員に連絡し、委員から警察に連絡を取り、町内の人たちが見守る中、裏口から鍵をこじ開けて家に入っていった。
 待つこと数分。「生きていた。救急車!」と叫んで飛び出してきた。どうやらベッドから降りようとしてバランスを崩し、電話台に胸を強打して、そのまま失神していたらしい。非常連絡用のボタンも押せなかったようだ。
 何はともあれ、危ないところで救出にこぎ着けた町内の人たちのチームプレイは見事なものです。

 一夜明けて、駆けつけた婆さんの子供たちは、見るも可哀相なくらい恐縮していて、頭を下げる姿に、こちらの胸が詰まっちゃいます。
 それにつけても、子供たちに面倒をかけまいとして、必死に一人暮らしを続けたS婆さんの気持ちを考えると何ともいえない複雑な感慨に捕らわれます。
 同じ立場になったとき、自分に出来ることだろうか。
 行政(市役所)も、精一杯のシステムを作ろうとしている。
それでも最後、一番頼りになるのは町内会(近所づきあい)だということが、今回も証明された。
地域の生活をしっかりと創り上げていくことが、町づくりの原点。永田町や霞ヶ関がなんぼのもんじゃい。ウチらはうまくやるからね。
「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.