やめてくれよフォーカス

1997年7月2日TO ENGLISH


 神戸J少年殺害事件は、最悪の容疑者を逮捕したようです。 いくら議論を重ねても、ズブズブと泥沼にはまっていくようで、だんだん胸くそが悪くなるばかりです。
 どこまでが本当なのか判別しないクズのような報道が垂れ流されて、得体の知れないイメージだけが膨らんでいきます。
 そんな中で、フォーカス発売です。自白したとは言えまだ「容疑者」の段階。しかも14歳。松本サリン事件の時のことを思い出しても、やはりこれはダメです。法律がどうとか言う以前の問題です。
 夏風邪をひいてしまい、朦朧とした頭でうとうとしていたらお客さんに怒られた。「俺は、たまにこういう事件があるから、そういうときの話題になったフォーカスを手に入れたいから、だから普段から購読しているんだ。今回の号を売らないなんてどういうことだ。もうおまえの店からは買わない。」
 夢だった。
 ウチよりも古くから営業されている先輩書店さんに電話してみた。Y書店さん「うん、やめるべ。」I堂さんのおばあちゃん「ウチには入ってこなかったって、とぼけておくよ。」さすがに肝が座っている。励まされてしまった。
 東京では昨日発売の雑誌が北海道では明日入荷する。そのぶん、ちょっとだけ考える時間がもてる。
全国の書店が、それぞれにどうするか考えさせられたに違いない。
新潮社にはフォーカスの返品が山のようになるだろう。
実際の返品は新潮社に直接届くわけではないから、象徴的なニュース写真はとれないだろう。
廃棄処分寸前のフォーカスの山の写真を載せて下さいよフライデーさん。
 そこを何とか一冊売ってよ。なんて言われて断り続ける本屋さんたちの胸の内のモヤモヤをいくらかでも晴らすためにもね。

地元の方の声

筑紫さんから少年たちへ

「波瀾万丈いわた書店日記」へもどる
いわた書店と砂川地域大学へもどる

(C) Tooru Iwata 1997. All rights reserved.